おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芸術の秋~作品展~ 
芸術の秋~作品展~ 
ウチで取り組むものとこんなにも違うものなのね…と驚かされるもののナンバーワンが製作。


とんきちの幼稚園、作品展でした。
春から今までに描いた絵の中からひとり2枚が展示された保育室。時期を追って2枚の絵を展示するということで、子どもたちの絵の成長が感じられてなかなか楽しいもの。ただただ絵が連なっているだけだと、周りの子どもたちの絵と自分の子どもの絵を無意識のうちに比べてしまうことがあるけれども、こういった展示方法だと素直に子どもたちの絵を『いいね~』と思えるような気が…(笑)。

遊戯室(ホール)には園を挙げてのテーマに沿った製作物がたっくさん。クラスのお友だちとの合作はもちろん、ひとりひとりの製作物もたくさん展示されていてなかなかの見応え。
なにより、そういった作品のひとつひとつを『これだよ、これを作ったの!!』なんて胸を張って満面笑みで教えてくれるとんきちの姿がとっても晴れやか。本当に誇らしげで思わずププッと笑ってしまいそうになるくらい…。

紙粘土を使っての顔作り、クラスの半数以上の子が『自分』の顔を作っている中、ひとり『おとうさん』の顔を作ったとんきち。どうしてお父さんなんだろう…、それも頭がバーコード(爆)! たくさんの『ぼく』『わたし』が並ぶ中に『おとうさん』があることでこれまで以上にとんきちとの時間を大切に!なんて思ってくれた…かどうかは???ですが…(苦笑)。
大好きなおもちゃコーナーではやっぱりの新幹線。それもクラストップの長さ、とんきちの新幹線への愛情はかなりのものだったみたい。本当は新幹線以外のものを作ってくれるかも!なんて、お友だちの影響を期待していたんだけれども、お友だちの力でも揺らがない愛情があったみたい(笑)。

芸術の秋~作品展~ 

そんな作品展、来年からはもっともっと高度なものを作るようになっていくんだろうな~なんて思うと、ずっと見ていたくなっちゃいます。
幼稚園の行事、どれもこれもかわいく、子どもたちが楽しいものばかり。そのひとつひとつが終わり、小学校へ向けての道を歩んでいることを実感。ま、とんきちにはそんな思い、まったくなさそうなんですけれどもね~。
芸術の秋、子どもたちだけ満喫はもったいない!私も…なんて思っているうちに冬の足音が…。急な寒さ、出遅れた冬の精たち、駆け足でやってきたみたいですね。みなさま、体調管理には十分お気をつけて…。
とんきちの幼稚園、作品展でした。
春から今までに描いた絵の中からひとり2枚が展示された保育室。時期を追って2枚の絵を展示するということで、子どもたちの絵の成長が感じられてなかなか楽しいもの。ただただ絵が連なっているだけだと、周りの子どもたちの絵と自分の子どもの絵を無意識のうちに比べてしまうことがあるけれども、こういった展示方法だと素直に子どもたちの絵を『いいね~』と思えるような気が…(笑)。

遊戯室(ホール)には園を挙げてのテーマに沿った製作物がたっくさん。クラスのお友だちとの合作はもちろん、ひとりひとりの製作物もたくさん展示されていてなかなかの見応え。
なにより、そういった作品のひとつひとつを『これだよ、これを作ったの!!』なんて胸を張って満面笑みで教えてくれるとんきちの姿がとっても晴れやか。本当に誇らしげで思わずププッと笑ってしまいそうになるくらい…。

紙粘土を使っての顔作り、クラスの半数以上の子が『自分』の顔を作っている中、ひとり『おとうさん』の顔を作ったとんきち。どうしてお父さんなんだろう…、それも頭がバーコード(爆)! たくさんの『ぼく』『わたし』が並ぶ中に『おとうさん』があることでこれまで以上にとんきちとの時間を大切に!なんて思ってくれた…かどうかは???ですが…(苦笑)。
大好きなおもちゃコーナーではやっぱりの新幹線。それもクラストップの長さ、とんきちの新幹線への愛情はかなりのものだったみたい。本当は新幹線以外のものを作ってくれるかも!なんて、お友だちの影響を期待していたんだけれども、お友だちの力でも揺るがない愛情があったみたい(笑)。

そんな作品展、来年からはもっともっと高度なものを作るようになっていくんだろうな~なんて思うと、ずっと見ていたくなっちゃいます。
幼稚園の行事、どれもこれもかわいく、子どもたちが楽しいものばかり。そのひとつひとつが終わり、小学校へ向けての道を歩んでいることを実感。ま、とんきちにはそんな思い、まったくなさそうなんですけれどもね~。
芸術の秋、子どもたちだけ満喫はもったいない!私も…なんて思っているうちに冬の足音が…。急な寒さ、出遅れた冬の精たち、駆け足でやってきたみたいですね。みなさま、体調管理には十分お気をつけて…。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。