おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


笑顔は永遠に
『永遠に生き続けるから…』
そのことばどおり、これからもずっと子どもたちに笑顔を送ってくれることでしょう

『ノンタン』シリーズでおなじみのキヨノサチコさんが亡くなっていたという記事を見てとても寂しい思いになりました。
ノンタン、そうウチののんたんはこのいたずらっ子(猫)ノンタンから名前をもらってます(笑)。のんたんがまだおなかにいた頃、とんきちが大好きだった絵本はノンタンシリーズ。何度も何度も繰り返し読んで!というので、私たちふたりの間で自然とおなかに向かって呼びかける名前ものんたんとなっていました。
そんなのんたんもノンタン大好き(笑)。そして、ホンモノのノンタンのように元気いっぱいでいろんなことをやらかしてくれます。でも、憎めない…名前つながりなのかな(笑)。

大好きな絵本、大好きな曲…。そんなたくさんの大好きを送りだすことができる人って素敵ですね。自分がいなくてもノンタンという存在は永遠に子どもたちに笑顔を送り続けることができると信じた作者、キヨノサチコさん。我が家の子どもたちはこれからもノンタン大好き!であり続けることでしょう。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。