おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おじちゃん
人見知りがひどくって…そんな時期が長かったのんたんだけれども

とんきちを幼稚園まで送りがてらのお散歩、毎朝同じ道を歩く私たち、自然と顔なじみになるご近所さんがたくさん。少し前まではそんな人たちを避けるようにして歩いていたのんたんも最近では目と目が合わせられるようにまで成長(笑)。

きっかけは自宅前で行われている工事現場のガードマンのおじちゃん。60歳は過ぎているであろうこのおじちゃん、お孫さんがのんたんと同じくらいの年齢らしく、本当に子ども好き。ガードマンといっても頼りにしていては危なっかしい!そんなタイプの人もいる中、このおじちゃんはかなり使命感にあふれていて歩行者優先に懸ける!そんなタイプ(笑)。
車道を渡る私たち、車が見えていてもわざわざ車の流れを止めて『どうぞ~』なんて渡らせてくれるので、こちらがドライバーさんに恐縮してしまうほどだったり…。
そんなおじちゃん、とってもフレンドリーなんです。6歳のとんきちが負けちゃうくらいの元気いっぱいの声で挨拶してくれるし、姿を見かけたら早足で駆け寄ってきてひと言ふた言のおしゃべり…なんてことも。
そんなおじちゃんが大好きなのんたん、歩くのに疲れてグズグズいいだしても『おじちゃんがみてるよ~』なんて声をかけるだけでシャキッとしちゃうくらい(笑)。ただね、声をかけられても返事する余裕はないんだけれども…(苦笑)。

『おじちゃん』ということばを覚えたのんたんはガードマン姿の人を見るたびに『おじちゃん、いたね~』なんてかなり親近感を覚えている様子。ただ、ガードマンでなくっても男の人でなくっても『おじちゃん』と呼びかけるのには困っちゃいます。
のんたんにとって道行く人はみな『おじちゃん』らしい…。ニコニコ話しかけてくれるおばさまにまで『おじちゃん、いたね~』なんて大きな声でお話しするのはやめてほしい、切に願う母です(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


気さくに声をかけてくれる人って、こちらも嬉しいですよね。
子供に優しくしてくれる人には悪い人はいないかな~なんて思っちゃいます。
しっかり仕事もしてくれて、おまけにこんなに愛想も良いとなればのんたんが気に入っちゃうのも当たり前かな~。
でも、工事が終わってしまったらもう会えなくなるんですよね。
寂しいですね・・・。
おじちゃんもきっとそう思ってくれているような気がするし。
ユカチャン | URL | 2008/12/12/Fri 18:27 [EDIT]
お久しぶりで~す♪
やっとPCに向かうことが出来ました。
コメをいただいていましたが、お返事が遅くなっててごめんなさい。

工事現場のガードマンのおじさんって、みんな優しいですよね。
小さい子には必ず声をかけてくれて。
岳チンがのんたんくらいの時に、やはり登園の途中の道で工事をしていて、岳チンに声をかけてくれてました。
そして工事の棒を持たせてくれたり、朝なんかヤクルトさんが来る時間にあたると、一緒にヤクルトを買ってくれて、車両入り口で一緒に飲んだり・・・
そうそう、ママきちさんと一緒で、歩きたくないって言うと、工事のおじさんが見てるよ~って私も言ってました(笑)
約1年続きましたが、ビル建設の工事も終わっちゃってさようならしましたが、岳チンに理解できず、しばらくは「おじちゃんいない」って言ってましたっけ。
懐かしく思い出させてもらいました。
子供達のおかげで、いろんな人との出会いをさせてもらえて、ホント有難いですよね。
nyannori | URL | 2008/12/13/Sat 09:46 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんにちは~*
そうなんですよね、ついつい警戒しがちなご時世ですが、やっぱりこうして子どもに笑顔を向けてくれるひとに出会えると嬉しくなっちゃいます。
おじちゃんと仲良くなるまで長い時間がかかったのんたん、工事終了と同時にお別れになっちゃうなんてやっぱりさみしいだろうな。
おじちゃん、いないね~なんてお話しするのんたんがいるのかもしれませんね。

ママきち | URL | 2008/12/18/Thu 11:27 [EDIT]
nyannoriさん
nyannoriさん、こんにちは~*
いえいえ、こうして忘れずにいてもらえただけで嬉しい私です(笑)。

そうそう、工事に携わっている方って気さくな方が多いですよね。スーツを着て忙しそう…なんていうひとは子どもなんて気にも止めないという感じだけれども、工事の方たちは自分から手を振ってという感じかな(笑)。
岳チンは電車通勤…じゃなくって(笑)通園ですものね。工事のおじさんだけでなくたくさんのひとたちにかわいがられているんだろうな~。
こうして見ず知らずのひとに笑顔を送れる子どもってやっぱりスゴイですね。私たちが歩いていたところで誰もニコニコしてくれませんものね~(爆)!。
これからも、子どもたちにはたくさんの出会いを大切にしていってほしいですね。
ママきち | URL | 2008/12/18/Thu 11:37 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。