おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2歳の気遣い
2歳の気遣い

小さな目で小さな耳でよ~く見て(聞いて)いるんだね、のんたん(笑)。


休日の朝、少しお寝坊のとんきちの姿を見て慌てるのんたん。なんだか落ち着きなくウロウロ…。
『アム、よ~ちえん!』ぷぷっ、とんきちが幼稚園に行くことを忘れていつまでも布団の中でゴロゴロしていると思っているみたい。
日頃、私に小言を言われ続けている兄の姿を見ているのんたんは、いつまでも寝ているとんきちの姿を見て私よりも先に起こしてあげないと大変!なんていう思いだったのかも。だって、このまま寝ていたらお母さんに角が生えちゃう!なんて…(苦笑)。

そんなのんたん、今日はパパきちにまでこんなひと言… 
『おと~たん、おしごと、いいの?』(爆)!

パパきち、とうとう2歳ののんたんにまで心配されるようになりました。困ったもんです…(笑)。
普段どれだけバタバタとした日常を過ごしているの?と思いたくなっちゃうこんなことば、まさかのんたんの口から出るとは思いもしなかった私。

パパきちもとんきちも今日はお休みだから…と伝えると『あっ、そっか~』と無事納得。それからはひとりお寝坊しているとんきちに見向きもせず自分の腹ごしらえに一直線(笑)。
でもね、キッチンに置いてある好物を見つけて『のの、イッチョネ!』なんておねだりが拒否されると、『あ、アム、べんとう、ネ!』ですって!

ご機嫌ナナメだといつまでもグズグズいってまだまだ赤ちゃんだな~なんて思っていたのんたんもいつの間にか小さなママになっていたことにビックリ!
2歳には2歳の気遣いがあるもんだな~なんて…。それもこれも毎日の私を見ているからかもしれない(苦笑)?!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。