おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年下の男の子♪
最近、とんきちがウチにいません…

いやいや、もちろん私たちのもとで毎日スクスクと育っているのですが、昼間は別。
短縮保育が始まったとんきち、毎日1時には帰宅。お昼ゴハンをのんたんと3人でにぎやかに食べたあとはホッとひと息つく間もなくウチを飛び出します。そう、愛しいカレのもとへ…(笑)。 
お相手は同じマンションに住むお友だち、それもふたつ年下の年少さんのかわいいボク。

なにがきっかけなんだろう。降園バスの中でおしゃべりしているうちに仲良くなったのか、ある日突然、バスから降りたら『今日は○○ちゃんと遊ぶ!』なんて言い出したとんきち。
同級生もたくさんいるのに、活発な同級のお友だちよりも幼いお友だちのほうがいいだなんて、とんきちらしいでしょ(苦笑)。もしかして兄貴風ふかせてるのかな~。
おまけに、年の離れた(5歳以上離れてるかな…)兄姉がいるお友だち、とってもかわいいんです。まだまだ幼いボクちゃんなので、自分の家の前でしか遊べない、ママから遠く離れるのは心細いということで、とんきちは毎日毎日通っています。そう、通い愛…(爆)!

ウチにはとんきちの帰りを今か今かと待ちわびていたかわいい妹のんたんがいるというのに、『アム~!』と呼びかける声を完全に無視して駆け出していくとんきち。悲しいくらいツレナイ…(涙)。
おかげで午前保育だというのに、普段の降園時間の毎日以上にのんたんとの時間が長い私です。ますます親密になるハハとムスメ。春からはまた一歩先を行くことになる兄の背中、早くも見失いそうです(笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。