おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


活字離れ
秋から未だ私の中では熱く続いている読書ウィーク(笑)。

TV・映画と東野圭吾作品が取り上げられることが多く、それならば…と東野作品を順に読み進めていった私、勢いづいている今ならいける!ということで、ようやくこちらにも手を伸ばすことになりました。
それがSlo-mo Life StyleのKOKOさんお気に入りの平岩弓枝『御宿かわせみ』シリーズ。初版シリーズスタートから30年以上経つというのに完結せず、たくさんのファンが今も読んでいるというアレ(笑)。
頭の回転を速くさせて思考回路をフル作動させないといけなかった東野作品に比べて、片手間に楽しめるかわせみなのですが…
物語の背景が江戸時代ということで見慣れぬ聞き慣れぬことばがたくさん登場。

『あ、なんかあったな~』と古い記憶を引っ張りだしてどうにかなることもあるのですが、どうしても私が勝てない相手が漢字(苦笑)。
漢字に弱いわけじゃないんだけれども、こればかりは相手が悪いんだもの~。だって、八丁堀の捕り物劇ですよ。江戸の役職だっていろいろでてくるし、ことば遣いだってそれなりに厄介なものがたくさん。

辞書片手に…と思うんだけれども、空いた時間にササッと読むことが多くって何となく自己流に読み進めちゃっているんだな、マズイと思いつつも…(苦笑)。
これから何冊も続く東吾とるいの物語、存分に楽しむためにはしっかり理解していかなければいけませんね。途中で投げ出すことがないように…!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ああ、分かりますよ!私もかなり自己流だと思います^^;。
眠る前に一話だけ…とか読み切り出来るのもいいですよね。
東野圭吾作品はもう何年も前に自分の中でのブームが来ていて、その頃の作品はかなり読んだけれど、流星の絆ももちろん未読。ドラマ、良かったですよね。。。あんなお兄ちゃんいたら♪…な~んて考えちゃったり(笑)。引っ越しが落ち着いて、図書館のブームも落ち着いたら読んでみようかな。。。
slo-mo-life | URL | 2008/12/20/Sat 19:42 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんにちは~*
え~、KOKOさんも自己流ですか(笑)。ホント、読みが難しいですよね。あまりにも日常生活とかけ離れたことばが多くってイメージ先行で楽しんでる私です。
私ね、純文学といわれるような古典的なものは手にすることがあっても、現代作家さんのものはほとんど読んでなかったんです。あっ、フランス王朝ものは好きかも…(笑)。
ドラマ、KOKOさんも見ていたんですね~。ホント、私も『しーちゃん』がうらやましい~!なんて思っちゃいましたよ。あんなお兄ちゃんがいたらいつもベッタリかも…。
春が来たら陽だまりの中でみんなで読書タイムなんていうのもいいですよね♪
ママきち | URL | 2008/12/21/Sun 16:50 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。