おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハッピーエンド♪
期待を裏切らない、気分スッキリなエンディングにホッとひと息(笑)

これだけは見逃せない!と毎週楽しみにしていたTVドラマ『流星の絆』がついさっき最終回を終えました。
とんきち・のんたんを寝かせる→共倒れということが多く、21時以降のTVはなかなかじっくり見ることができなかったけれども、これだけは欠かさず見ていた私。もちろん、今日もしっかり正座して(!)誰にも邪魔されずに集中(笑)。

最近…といっていいのか、私が見るドラマ、なかなか『スッキリした~!』『おもしろかった~!』なんて納得のエンディングを迎えるものがなかったんです。何かが足りない、何だか期待はずれなことが多かったけれども、これはスッキリ晴れました。気分よく寝られそうな感じ(笑)。
実はまだ原作は読んでいない私、ドラマも終了したことだし、これから原作に手を伸ばそうと思ってます。ふふ、でもね、原作を読んでないのに犯人は当てられたんですよ~。なんだかピンと(笑)! これも立て続けに東野作品を読んでいた成果かな~なんてね。

それにしてもTVの世界のひとってすごいですね。まるで本当にその場にいてその感情を持っているかのような演技。役者ってすごい! ひとに喜怒哀楽、悲喜交々を感じさせることができるのってすごいことですよね。
そんな尊敬の気持ちで楽しんでいた私、単純ですね…(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


東野圭吾
ママきちさん、初めて投稿しますっ。新婚さんいらっしゃいのみつコです。この前は色々とお世話になりありがとうございましたっ!
この前お邪魔した時に東野圭吾の話をするのを忘れていましたが、みつコは実は2年前にほぼ全部読破していたんです。犯人を推察しないと分からない2冊を除いてですけど。笑
ほとんど外れナシの作家は東野圭吾くらいじゃないかと思います。百夜行とか幻夜の系統もおもしろいですが、みつコが一番好きなのは「天空の蜂」です。かなり専門用語が多く出て来ますが、全く苦にならないくらいストーリー展開がおもしろいです。未読であれば、お勧めです。
ラスト○行の魔術師、今後の新作にも乞うご期待!
みつコ | URL | 2008/12/20/Sat 21:27 [EDIT]
みつコさん
みつコさん、こんにちは~*
ようこそおいでくださいました~。お待ちいたしておりましたわ(笑)。
東野圭吾、完全読破してたんだ~。しっかり話しを聞いておけばよかった!とちょっと後悔しちゃいました。
『天空の蜂』がオススメなんですね。よし、次のターゲットはこれで決まり! 
あまり推理小説なんていう現代物を手に取ることがなかった私、とりあえずドラマ化されたものから順に攻めてます(笑)。たくさんありすぎて次の1冊を決められないでいたので、このオススメはうれしい♪
そうそう、私はね、おふたりの思いでの地フランスが舞台になった話が好きなんですよ。そう、王朝もの(笑)。いつの日か、おふたりにガイドをお願いして在りし日の姿を楽しみにいきたいな~(笑)。
ママきち | URL | 2008/12/21/Sun 17:00 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。