おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだまだ続くクリスマス… 
我が家の子どもたち、まだクリスマスの夢の中で楽しんでおります… 
年の瀬も押し迫って『年賀状!』『大掃除!』なんていう中、最後のクリスマスを楽しんだ週末。

私の実家でクリスマスを兼ねての手巻き寿司パーティー(パーティーなんていったら母が『恥ずかしい~!!』といいそうですが…笑)を楽しんだ私たち。子どもたちはしっかりプレゼントももらっていました。
いつもジュース(スポーツドリンクなんだけれども…笑)が入れてある棚にいつの間にか入っていたプレゼントの包みを見つけて大興奮の子どもたち。そこがじいじ・ばあばのウチなのに、そのプレゼントは自分たちのもの!と決めつけてそれはそれは豪快に開けてくれました(笑)。
お楽しみの中身は、とんきちにはレゴクリエイターのオープンカー、のんたんにはマザーグースのおままごとグッズを…。あとはふたりともに洋服を数点♪ そう、このプレゼントは子どもたちを別行動をした私がじいじ(父)と一緒に買いにいったんです。決定権は全て私にアリ(爆)!

子どもたち、どちらもとっても気に入ったようで実家にいる間中ず~っと遊んでいました。その姿が何よりの『ありがとう~♪』だったんでしょうね。
実は、今年はじいじ・ばあばからのプレゼントはサンタクロース関係なしにしようかとも思ったのですが、父のまだ小さいんだし誰に買ってもらったのかということは気にせず喜べたらいいんじゃないか…ということばでじいじに買ってもらったということには触れずにいました。私としてはちゃんと『ありがとう』をいってほしかったんだけれども、まだもう少し夢の中でも…ということばに甘えました(笑)。

そうそう、子どもたちだけに訪れたかと思ったクリスマス、しっかり私のところにやってきてくれました。それも3度も!!
ひとつはパパきちからもらったちょっと変わったデザインのパールのネックレス、もうひとつは父に思いがけず買ってもらったカメラバッグ(結局、mont-bellになりました)。そして、なによりも驚いたのはあるひとから届いたとってもとっても嬉しいプレゼント♪
ふふ、このプレゼントはね、年明けに私がしっかり写真としてみなさまに自慢させていただきますわ(笑)。もう、ホントにかわいいんだから♪
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。