おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イングリッシュワールド
3学期初のイベントは保育参観、それも英語の時間…。

私立幼稚園に通うとんきち、週に一度ネイティブの先生による英語の時間があります。その名もイングリッシュワールド(笑)。
子どもたち、大好きな時間のひとつなんだろうな。張り切る姿を見て毎週楽しく過ごしている様子が見えてくるような、そんな参観でした。

20分ほどの時間なんだけれども、その間日本語で会話することはまずありません。先生の口から出てくることば・歌・呼びかけ…どれも流れるような英語。毎回同じようなことをして楽しんでいるようなので、子どもたちは慣れた様子で楽しんでいたけれども、1年に1度だけ目にする私は一生懸命耳を傾け、目を凝らして(聞いてもムリなら先生のジェスチャーで…笑)の参観となりました。あっ、保護者は見ているだけなので突然指名されることはないんだけれどもね(笑)。

とんきち、普段の生活でも何かと『○○って英語でなんていうの?』なんて英語への興味はあるものの、お稽古ごととして英語と触れ合っているわけでもないし、必死になって先生のことばに耳を向けて…なんていうタイプでもないので、その姿はなんとも適当(苦笑)。
でもね、ゲームに参加したい人!そんな呼びかけ(もちろん英語)に『ハイハイ!』なんて勢いよく手を挙げて楽しんでいました。自分の知っていることは大張りきりだけれども、自信がないことに対してはお友だちの口を真似るなんてことも…。ま、それでも楽しめているからいいんです。自信なくしてうつむいてしまっているよりも分からなくたって平気さ!な様子で張り切るとんきち、やっぱりこの姿勢が大切ですよね。

それにしても、幼稚園の子どもたちが理解できるようなそんな英会話にすらついていけない私、ちょっと困ったもんですね。これからとんきちが本格的に英語のお勉強を始めたときには一緒になってがんばらないとダメかも…。これからの子どもたち、英語は必須ですものね。
海外旅行に行きたい!そんなときに子どもたちに連れて行ってもらおう…それはちょっと甘いかしら…(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


さすが幼稚園、英語の時間まであるんですね~。
すごいな~。
私もね、英会話は本当に苦手です。
いつの日か、ユメくんに「ママも勉強したら~!」なんて言われそうで・・・(^^;)
ユカチャン | URL | 2009/01/21/Wed 10:50 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、私立幼稚園ってこういう特色が目玉なんですよ~。
とんきちの幼稚園の他にもたくさん取り入れているところがあります。
とんきちがね、自分の力で英語の魅力に惹かれて…ということを期待しているんですが、やっぱりそれは甘いかな~(笑)。
そんなことも知らないの?といわれる日が意外にも早くきそうです(苦笑)。
ママきち | URL | 2009/01/27/Tue 17:37 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。