おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


センセイ
登校初日、早起きだってへっちゃら、ついつい走り出しちゃう、そんな気分
センセイ
出発までの数分 じっと待ってなんかいられない
そんなはしゃいだ姿は一年生だけ(笑)


ついこの前まではまだまだ布団の中にいた、そんな時間に集団登校で出発したとんきち、足取り軽く表情固く…そんなドッキドキの通学風景となりました。お見送り組ののんたん、今までは一緒に幼稚園まで行っていたのに、今日からはエントランスでバイバイ置いてきぼりにされるのがなんだか寂しそう(笑)。

まだまだ授業は始まっておらず、学校生活に慣れることが第一なので下校時間もかなり早め。さっき出かけたと思ったらもう…そんなバタバタだけれども、一日のスタートが早いだけにウチの中のこともチャチャッと片付いてなんだかいい気分♪
小学校までは下り坂、帰りはもちろん上り坂なので、初登校を終えた子どもたちは顔を真っ赤にしてフ~フ~いいながらの帰宅(笑)。みんなのスタートに合わせてお陽さままでもが応援してくれたもんだから暑いのなんのって、もう大変だったみたい。

お疲れなとんきちだったけれども、今日は私のお供でちょっとお出かけ…。 
春休み中にとても懐かしいお友だちからメールを受けた私、お誘いを受けて遊びに出かけてきました。

お友だちっていっていいのかしら…そんなお相手は昔の職場の先輩。そう、先生仲間(笑)。
とっても久しぶりに会えたんだけれどもすぐに昔のノリで盛り上がっちゃいました。私が一番の下っ端なのに…(苦笑)。
今はもう母となって幼稚園という世界から離れてしまった私たちだけれども、立場が変わって幼稚園に関わるようになったことで話が盛り上がってもう大変! 私たちはこうだったよね~、あのときはこうだったよね~なんて思い出ばなしに花が咲いて気がついたらもう遅い時間になっちゃってたくらい。
センセイ
桜の下でのんびりブランコ いいお顔ってこんな顔(笑)?!

そろそろ働きたいよね、そんな話が出始めたとき、みんなの思いが一致したのは、『自分の子どもを預けてまではツライ…』という本音。そして、『せめて職場と子どもの保育所が少しでも近ければ…』という話も。
そうなんですよね、こんな仕事を選んじゃたのだから割り切らないといけないんだけれども、やっぱりできることなら自分の子ども最優先でいきたいのが本音。なかなかあっちもこっちも思い通りにはいかないのが現実。
まずは自分たちの大切な分身を育て上げること、それができてからまたひとりの人として再スタートが切れたらいいな~と…。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。