おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


咳・涙・そして…
元気印ののんたん、まだまだ復活せず…

週末から不調続きののんたん、今日もやっぱり調子は悪いまま。
小児科を受診、前回よりも喉の腫れがでてきたということで、少し抗生剤の量も増えていよいよ風邪菌が活発化してきたみたい。
前回は泣いて泣いて泣きわめいて思わず吐いてしまった診察も、しっかりお話して褒めていったのが効いたのか、ちょっと(かなり?!)緊張した様子ではあるけれども、がんばって乗り越えたのんたん。お薬だって自分からもらいにいきました(笑)。

ちょうど私の抜歯後の消毒もあったので、まっすぐウチに帰らずちょっと寄り道。
とんきちに付き合って早起き続きののんたん、ウチに帰る頃には眠たくってかなり不機嫌。あれしよう、これしよう、おた~たんもいっちょ! そんなグダグダな状態で最後には座りながら船をこぎ出しちゃいました。ちょっとそのまま見ていたい、そんなオニのような思い(!)もあったけれども、さすがにオットット…とひっくり返りそうになるのは危なっかしくてみてられないので、抱っこでオヤスミ。
あっという間に熟睡したからそのままベッドへ移動して、やれやれ、ようやく片付けを、と思ったら…
寝室から大きな泣き声。ついさっき寝たばかりなのに、10分も経たないうちになんで?!

やれやれ…そんな思いでドアを開け、一緒にベッドに倒れ込んで寝かしちゃおうとした私を襲ったのは、なんとそれはそれは見事な嘔吐(泣)。
本人もビックリ、私もビックリ、思わず飛び退きそうになりながらものんたんを座らせて…。

それからは本当に怒濤の30分でした。ちょうどとんきちが集団下校してくる時間だったけれども、お友だちに言付ける余裕もないくらい、気がついたら『あれ~、カギ開いてる~』なんてのんきな声で帰宅するとんきちがいたほど…(苦笑)。

のんたん、咳き込んで目が覚めて、私を呼んだんでしょうね。まだまだ寝足りない(そりゃそうだ…)状態で起こされちゃったんだから機嫌が悪くって泣く→咳き込む→苦しい→泣く…の最悪のサイクルでとうとう…だったんだろうな。
でもね、薬のことで薬剤師さんと話をしてきたばかりだったので私の神経はかなりピリピリ。小児科の薬?!なんてちょっと疑ってみたりもしたけれども、もうすでに2日間服用してきているのでそれはありえないと確信。ただ、そのあとも口に入れるものにはかなり気を使ってドキドキ。
ちょうどお昼時だったので、とんきちが『何食べようかな~』なんて呑気にいうのを聞いて『ピザパン!』とのんたんがいうのを聞いたときには軽いめまいが…(苦笑)。ことばで説明してもなかなか分かってくれない、分かろうとしないこの年頃、我慢させるのにひと苦労でした。結局、とんきちと同じくおにぎりで落ち着いてホッとしたんだけれども…。

子どもがふたりいても、嘔吐ということには全く慣れていない私。とんきちなんて3歳の冬まで一度もなかったんですから(驚)!
働いていた頃もなぜか私のクラスではそういった不調を訴える子はいなかったし…。
ま、介抱する私よりも当の本人が一番ツライんだから、そんなことはいってられないんだけれども(苦笑)。
病気になると毎回思う『やっぱりうるさいくらいがいいな』な思い、やっぱり今の私の胸の中もそれ。

早く元気にな~れ♪
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


のんたん大変でしたね・・・。
嘔吐って苦しいんですよね。
うちの子たちは吐き慣れているのでいつもケロッとしていますが・・・。
お片付けも大変だと思いますが、ママきちさんも看病頑張ってくださいね。
おひさまが味方してくれているのは、ラッキーかな~。
ユカチャン | URL | 2009/04/16/Thu 19:44 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、今回はのんたん以上に私のほうが参っちゃいました(苦笑)。
本人はね、ちょっと驚いているだけであとはスッキリ、咳さえ止まればケロッとしているんだけれども、お掃除がね~。
母が苦手だと子どももがんばってくれるのか、ホント、ウチは嘔吐症状が少なかったんです。
これからもそうあってほしいな~と願っているんだけれども…。
ママきち | URL | 2009/04/17/Fri 21:21 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。