おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもの公園
憧れるんだろうな 早く乗りたい!そんな声が聞こえてきそう

いつもの公園

なぜだかこのヘルメットも羨望の的(笑)
家で遊ぶときにもかぶって汗まみれ
『アツイ…』と投げ出したことアリ(苦笑)


めずらしく(!)近所の公園で家族みんなで過ごした休日の午後。
お出かけというほどたいしたものじゃないけれども、休日はあちこち子どもたちを引っ張り回している私たち。本当はこうしていつもの公園でいつもの時間を過ごすのが楽しいんでしょうね。何もないところだけれども、いつかは懐かしい場所になるのかな…。
滑り台・ブランコ・鉄棒、本当にこれだけしかない公園。ただ、少し広い砂地の広場があるので小学生がボール遊びをしたり、自転車の練習をしたりするにはちょうどいい公園(本当は野球も自転車もダメ…苦笑)。そんな公園だけれども、とんきちは歩き始めた頃から通い詰め、のんたんはベビーカーで寝ている頃から…(笑)。

今日も砂地に道を書いてサーキットのように自転車・三輪車を走らせたり、初ふたり乗りブランコをしたり、いつもと同じ遊びで大満足。ただひとつ、いつもと違うのはパパきちがいること(笑)。
さっ、お父さんがいるとなったらやっぱりこれをするしかないでしょ~ということで、とんきちは鉄棒の練習にも励んでいました。活発だけれども身軽じゃないとんきち、苦手なんですよね~母に似て…(苦笑)。
そろそろみんな逆上がりができるようになってきて競うように連続技!なんていう頃だと思うんだけれども、とんきちがチャレンジしているのは前回り。そう、始めの一歩。

褒め上手のパパきちのおかげでまずは1回大成功。『1回はできるんだよ。3回できたらもう大丈夫!』優しくない母のことばで続くチャレンジ(苦笑)。
何度も何度も挑戦して、もうやめたい!なんて思っていたとんきちだけれども、がんばって3回大成功。いえいえ、3回どころか何回でも! あっ、もちろん連続じゃなくって1回ずつ着地してね。
とんきちのがんばりを後押ししたのはパパきちでも私でも、もちろんのんたんでもなく、隣で一生懸命逆上がりを練習していた女の子。その子も家族で公園に来ていてお父さんの補助を受けて繰り返しチャレンジしてたんです。失敗しても諦めず、一度できても満足せず…。
とんきちの負けず嫌いに火がついたのか、そう簡単に満足できなくなったみたいで、前回りができるようになったばかりなのに逆上がりにもちょこっと挑戦。もちろんできないけれども…(苦笑)。
でもね、『逆上がりできないわ~』なんていいながらクルクル前回りをするとんきち、あっという間に前回りをモノにしてました。スゴイ上達!

小学生、これからいろんなことに挑戦していくんだろうな。そのたびに家族総出で応援!
できない思いがあると次のステップにも踏み込めないだろうし、これはがんばらなくては…。楽しいお出かけもいいけれども、『いつもの』場所でエールを送る休日、これもいいものです♪

実はこの女の子、とんきちと同じ小学校の1年生。クラスこそ違うけれども、『みんなできてるから!』と逆上がりに挑むその姿を見たとんきち、何を思ったのかしら…(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。