FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
検診へ・・・
産婦人科前でパチリ・・・

昨日は、私の産婦人科、定期健診の日でした。
分娩を予定しているこちらの病院は、診察室に家族が立ち会えるということで、パパきち・とんきちともに検診の日をとても楽しみにしています。

最初のころは、エコーの画面に映し出された映像を見ても、あまりにも小さすぎてまったく理解できなかったとんきちも、最近は指の動きまでが分かるおなかの赤ちゃんの様子がとっても気になるみたい。
ベッドに横になっていた私にはとんきちの表情は見えなかったのですが、一緒に画面を見ていたパパきちによると、「おお~」と感嘆の声を上げ、一つ一つの体の部位を指差しながら見ていたようです。

一緒にエコーを通しておなかの中の赤ちゃんという、まだ見えない存在を大切に思い、成長を喜べるというのはいいことなんだ~と検診に来るたびに思います。
こちらの産院は、エコーが4Dということで、白黒では???だらけの赤ちゃんの映像もとってもはっきりと分かります。それがまたとんきちにはいいみたい。

それから…、先生に教えられた性別は中山寺でもらった腹帯と逆でした。…という事は、間違いなく○○○の子なのかな~!!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.