おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラウマ
なぜかこのサイン かえって難しいのでは…(笑)

トラウマ

口元見えませんが 不適に笑っているのは目元で想像できる?!
このポーズをするときも微妙にえらそう…ナゼ(苦笑)?


『のんたん何歳?』この質問、ここ数日禁句でした。ちょっとだけナーバスになっていたかもしれないけれども、不安げな顔を見るとやっぱり気になっちゃいます。
先日の3歳半検診で『何歳?』『3歳』のやり取りができなかったのんたん、あれから自分が何歳なのかことばで答えることができませんでした。

聞かれると指を出して3のポーズ。『声で言ってよ~』なんていうと、『1、2、3、4、5、…え~っと、11じゃなくって17…』なんてとってもとっても不安げ。最後には『なんかね、のんたんわかんなくなっちゃった~』とギブアップ。
もともと滑舌がいいほうじゃなく、思いっ切り幼児音が残ってます…というか、のんたんの会話はほとんどが幼児音で成り立っているかもしれない。でも、幼児音と言えば…な『きりん』『さる』『ぞう』なんていうことばはしっかり発音できるし、聞こえが悪いわけではなさそう。ことばによって上手く発することができないみたい。そう、前の音とのつながりで発音しづらいんでしょうね(『ブロック』はなぜか『ジュロッチュ』…苦笑)。

そんなのんたん、まさか自分のことを『滑舌悪い…』と思い悩んでいるわけではないんだけれども、やっぱり聞かれたことが分からなくて思い切って答えたのに何度も何度も聞き返されたら…。大人でも不安になりますものね。もう何が何だかわからなくなるし、自信だってなくなっちゃう。
ここ数日ののんたんはそんな状態でした(もちろん他のことに関してはいつもどおり最強のんたん…笑)。とんきちも私も3歳に関しては間違っていても褒めることに徹していたかも…。

もうすぐ検診から2週間。ようやくはまってしまった深い穴から脱したみたい。快調に『のんたん ハンハイ!』なんて連呼してます(ここでもやっぱりおかしい…3歳がハンハイに…)。
よほど嬉しいのか、マンションの中ですれ違うひとに『3歳!』と言い兼ねない勢いです。自己紹介しながら歩き回るなんてちょっと恥ずかしすぎるのでどうにかストップかけてますが…(苦笑)。
何はともあれ、『できない』という思いから脱することができたのでメデタシかな(笑)。

余談ですが…実はこのときのんたんとことばを交わした保健師さんにはとんきちが1歳のときにもお世話になってます。そのときもおなかが大きくって体が重くって全くハイハイ(どころかずりバイも…)ができなかったとんきちを見て『どうしてかな~なんでかな~』と結構な時間絞り上げていただきました。
全く気に留めない私だからよかったけれども、真面目なママさんだったら『ウチの子ははいはいできない』ジレンマに陥ったことでしょう。
相手は人間、それも個性あふれるちびっ子だから、枠にはめずもう少しおおらかに対応していただきたいな~とおおらかすぎる母としては思うのですが…(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/21/Sat 18:59 [EDIT]
鍵コメさん
鍵コメさん、こんにちは~*
子どもにも個人差があるように親にもいろいろあるので、私みたいなひともいれば、小さなことも気にかかっちゃって心配…なんていうひともいるんですよね。そういう人にとったら小さなことでもしっかり見てもらいたい!という思いがあるんだろうな~と…。でもやっぱり、私はもうちょっとおおらかに『ま、こんなものかな~』なおおらかさが欲しかったりします(苦笑)。
のんたん、緊張こそしてなかったけれども、この瞬間に表情が凍り付きました。きっとドキドキしていたんだろうな~。
お仕事、私のところにもきてもらいたかった~(笑)!
ママきち | URL | 2009/11/24/Tue 13:18 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。