おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほんのひと手間
子どもって気まぐれ…困ることもたびたび

ほんのひと手間

香りを届けたいくらい
甘い香りに大喜びなのはのんたん(笑)


フルーツ大好きな子どもたち、ストックがないと『買ってきてよ~!!』なんてブーイングなのに、山のように積まれた姿を見るとなんだかいつもより控えめ。生もの、しっかり消費してください~の思いむなしく…(泣)。
寒くなると食べたくなるフルーツのひとつバナナ。

夏場はあのねっとり感が苦手なのか、寒くなってくると『バナナ!』コールが聞こえてきます。その声に合わせたように実家に行くと大量のバナナのおみやげ。ウチに遊びにくるときにも手みやげにバナナ…(苦笑)。
そのまま食べてばかりもいられないのか、なかなか減らなくなることもあってどうにも困ったもんです。

生バナナが苦手な私、たくさんのバナナを目にしながらも消費に協力することはせずただただ『バナナ食べたら~?』なんてすすめるばかり。おやつにピッタリ!なんて思っていたけれども、子どもたちは贅沢なものでおやつはおやつ、フルーツはフルーツ…なんていうんですよね。かと思えば、もうすぐ夕食なんていうときに手を伸ばしてしまい満腹状態で夜ゴハンなんていうこともあるし…。

がんばってもどうにも食べられない!なんてことになってしまった最後の2本。シュガースポットどころか全体も黒ずみ、持つとぐにゃりとした柔らかさ。とんきちは『あっま~』なんていいながら食べてくれたけれども、のんたんは黒すぎる皮を見て拒否。中身を見せてもダメ。思い込んだら絶対に!なんですよね、頑固ちゃん(苦笑)。
『捨ててしまおう!』と手を伸ばしたけれども、全く黒ずみのない白いバナナちゃんを見たらなんだかもったいなくって…。めずらしく朝からバターをねって粉をふるってオーブンに入れて…バナナケーキを焼きました。

あんなに『もう食べない!』なんていっていたのんたん、もちろん助手です。全ての工程がやりたくてたまらない! どちらかというとのんたんメインで私がサブな状態になりたいくらい(笑)。
作り始めるまでは『う~ん、面倒だ…』なんて思っていたけれども、混ぜるだけ焼くだけのケーキはやっぱり簡単。おまけにのんたんと一緒に作るから遊んでる♪な満足感(のんたんが?私が?)。

先日のアップルパウンドに引き続き、こちらもとんきちの好きなタイプ。今朝もトーストを食べたあと、デザートに食べて出かけました(笑)。
あとはリンゴとキウィがたくさん。アップルパイにアップルパウンドにリンゴジャムにキウィジャムにヨーグルトケーキ…予定を立てるだけでおなかいっぱいになっちゃう。寒い冬、しっかり栄養蓄えて…後悔しそうだな~(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。