おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よく遊びよく学び
ついついひとめぼれ…なんとなくとんきち&のんたん(笑)

よく遊びよく学び

陶器製なので子どもたち(のんたん!)の手の届かないところへ…
写真を撮るために下ろしたらダッシュののんたん
『それ さわってみたかったの~!!』
もちろんお断りさせていただきました(苦笑)


とんきち、2学期の締めの個人懇談。
教室に入った途端『まあ、おにいちゃんと同じ顔!』なんてことばでのんたんを出迎えてくださった先生(笑)。
1年生なので親がドキドキヒヤヒヤしながら教室に…というわけではない、日頃の学校での様子を教えていただくための個人懇談。先生と和やかに雑談を楽しめるのも今のうちだけなのかな~。

『とってもよく遊んでいますよ』なんてまるで幼稚園のようなことばをもらってきました。もちろんいい意味…(笑)。
いつも友だちと一緒に楽しんでいて、たくさんの遊びを楽しみ体験して元気よく過ごしているんですって。
苦手なこと(なわとび…苦笑)も苦手な友だち同士集まって休み時間に自主練習。でも、苦手グループが集まっての練習なのでめきめきと上達することはなく、『まだできなかった~』なんて疲れきって教室に戻ってくることも…(笑)。そんなときに先生は『得意な友だちに教えてもらったら?』なんて提案。とんきちたち、即座に憧れていた縄跳び達人のもとへ駆けて行ったそうです。

できないことをできない!と諦めてしまわずに友だち同士声かけあって練習する姿、成長したな~。『だって難しいもん…』なんて諦め気分いっぱいだった今までのことを思うとなんとも頼もしく感じる成長。
自分の苦手なことを難なくやり遂げてしまうお友だちのこともじっと見つめていざとなったら助けてもらうなんていうこと、小学生ならではのお友だちとの関わり合い方だな。願わくば、とんきちもお友だちに手を差し伸べてあげられる、何かこれは!という得意なことがあるといいな~(笑)。ま、そのうち…ね。

肝心のお勉強のほうはまだまだすすんで発表することは少ないとんきち。恥ずかしいと思う気持ちと間違えたら…という自信の無さからなかなか手が挙がらないんでしょうね。ま、単に上の空で質問を聞いていないなんていうこともあるから目指せ集中!なんですけれども…。
ついつい乱雑になってしまう書き方も学校ではしっかり丁寧に書けているし、計算も速いですね~なんて言葉をもらってひとまずホッとひと安心。口うるさくなってしまうこともあるけど、今は基礎だから…とこれからも細かいところにしっかりチェックを入れていかないといけませんね~なんて先生と一致団結(笑)。

個人懇談の最中も運動場で遊ぶ学童保育の友だちを見つけてみんなでドッヂボールを楽しんでいたとんきち。みんなが遊んでいるところになんの気兼ねなく参加できる姿を見られたのが一番嬉しかったかな。
お勉強ももちろん大切だけれども、毎日行きたい!と思える環境であることが一番大切ですものね。下校時の長くきつい坂道さえなければ…というとんきち、学校にいる間が天国なんだろうな~(笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。