おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お待ちかねの時間
親の手も声も必要としない頼もしさ

お待ちかねの時間

ウチでも同じようなことをしているけれども
やっぱりここですると楽しさも格段にアップするみたい(笑)


月に2回のプレ幼稚園、今日も弾けておりました(笑)。お友だちっていいな~って実感♪
来年度の入園は見合わせたのですが、3歳児の親子サークルのような集まりには参加しています。

こちらは幼稚園主催なので、進行しているのは幼稚園の先生。親子10組ほどが集まり、体操したり製作したり、みんなで過ごすことの楽しさを感じることが目的の時間。
11月からは母子分離での教室となったので、教室の時間(1時間30分)は子どもたちと親はバラバラに過ごす時間。子どもたちは先生とお友だちと一緒に楽しみ、親たちはのんびりお茶したり鬼の居ぬ間に用事を済ませたり…(苦笑)。

春からは完全に子どもたちとはなれて自分の時間をもたれるお母さんばかりの中、私はまだあと1年のんたんと一緒に過ごす予定。本当はこうしてお友だちと一緒に過ごす時間もいいんだけれども、こちらの幼稚園に通うことができるかどうかも???だし(通園距離かなり伸びます…涙)、新しく幼稚園を探す時間も幼稚園のほうにも余裕がないことだし、やっぱり予定通り…。

今日の活動はクリスマス会。ゲームをしたり、ペープサートを見たり、子どもたちはいつも以上に張り切って楽しんでいたみたい。もちろんのんたんも…。夕方出かけたとんきちの体操教室、送る車の中で熟睡しちゃって終了までの1時間30分、しっかりおやすみタイムでした。遊んだ分寝るのんたん、さすが~(笑)!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。