おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


決死の公園
さすがののんたんもギブアップ…(苦笑)

決死の公園

足下に見えるのは雪…ではありません
でも! のんたんの頭のてっぺんにちょこっとだけのっているのは『ホンモノの雪』(笑)!


ずっとずっとお願いされていた『こうえんいこう!!』。
やっとの思いで思い腰を上げたのにそれなのに、めずらしいことをするもんじゃありません(苦笑)。
久しぶりに凍えました。そうそう、冬の公園ってこんな感じだった…とツライ記憶の糸をたどった私(苦笑)。

年末から腰痛に悩まされていた私、年明けにはずいぶんとラクにはなったもののなかなかのんたんとふたりで公園で走り回る勇気が出ず、やっとやっとの公園への道。
愛車のウィンザー号を豪快にこいで到着した公園、やっぱり初めはブランコ。でもここでいつもと違う大きな異変に気付いたのんたん。ビックリして一瞬手を離しちゃったくらい(笑)。そう、ブランコの持ち手(鉄…)がキーンとするくらい冷たかったんです。おまけにおしりも冷たいし…。
でもいつもどおりビュンビュン風を感じながら乗り切ったのんたん、降りたときにはほっぺたまでまっかっか!

砂遊びへ…と向かいかけたのんたんを決死の覚悟で止めました、私(苦笑)。だって、すっごくすっごく寒いのにじっと座って砂遊びなんてムリ! おしりから身体中が凍っちゃう(泣)。
ふたりでケンパ!をしたり、じゃんけんゲームをしたり、三輪車を乗り回したり…いつもなら『もっともっと!!』というのんたんがひと通り遊んだだけで『帰ろっか~』の私の誘いにすんなり『ウン!』。よほど寒かったみたい(苦笑)。

おまけに帰ることを決めた途端空から舞い落ちるものがはらはらはら…。舞ってる?なんていう状態からあっという間に降ってる!な勢いになった雪、本当だったら犬のようにキャッキャと跳ね回るはずののんたんだったけれども、寒さも限界だったみたいで『う~~~~』ってまるで威嚇する犬みたい(笑)。
これがとんきちとふたりだったら、お友だちと一緒だったら…きっとまだまだ帰れなかったんでしょうね。
ちょっとそこまで…の公園遊びもしっかり防寒してお出かけしなくっちゃ!と固く決意した私(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。