おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


せんせいあのね…
おみやげがとっても楽しみなこの時期

せんせいあのね…

小学一年生の体重をグラムで書くとこんな数字!
なんだかスゴイ巨漢児みたい…(笑)


修了式を前にして毎日たくさんのお持ち帰りがあるとんきち。『みてみて~!』となんだか誇らしげな顔で見せてくれるものもたくさん。もちろん、私に見せるよりも自分でじっくりニンマリ見返しているものもたくさん(笑)!
1年生といえば…なこれもやっぱりイイ♪

せんせいあのね…

脇に添えられている絵が何ともいえない…
なんだか怖いものがプカプカしている?!ともいえない恐怖の水中画(苦笑)


小学生になりたての頃に書いた作文はどれもこれもかわいい文末。先生がそこにいるかのような『~だよ』の表現になんだかほっこりしちゃいます。決してその頃のとんきちがこういう話口調だったわけではなく、今とそんなに変わらないおしゃべりをしていたはずなんだけれども、先生に教わったとおり忠実におしゃべりを楽しむ様子が何ともいい感じ。

季節ごとに行事ごとに綴られているこの『せんせいあのね』。
1学期の間はこんなあどけない文章だったのに、2学期になった途端に『作文』になっているからビックリです。成長にビックリしてすごいな~なんて思う反面、かわいかったのに~とあどけなさを懐かしんじゃう私。本当に母心は微妙(苦笑)。

本当は私の母校でもある小学校で6年間を過ごし、これまた母校である中学校へ進む予定だったとんきち。思いがけず転校という大きなステップを超えなくちゃいけなくなったけれども、きっととんきちならどっちも大好き!といってくれるだろうな。慣れ親しんだ友だちや先生・校舎との別れを前に胸の中で小さな何かを抱えているとんきちの背中を見て、ただただ応援するばかり…。

さ、最後の登校日、しっかり楽しんでおいで!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


とんきち君、今日まで学校なのですね。こちらは先週にもう春休み入り、新学年が始まるのも早いのですけどね。。。
1年の成長って本当にすごいですよね。特に1年生ってそうかも。新しい世界に足を踏み入れて、自分で成長した証ですもんね。きっと新しい学校でもとんきちくんらしく、伸び伸びと成長してくれると思います。応援しているからね^^
slo-mo-life | URL | 2010/03/26/Fri 08:46 [EDIT]
この一年、あっという間でしたね~。
入学した日がついこないだのような気がします。
ママきちさんも同じ心境なんだろうな~。

とんきちくん、他の誰よりもいろんな思いを抱いての終業式だったんでしょうね。
いっぱいの笑顔でバイバイできたかな?
新学期を元気に迎えてくれること、願っています!!
ユカチャン | URL | 2010/03/26/Fri 19:18 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。