おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癒し癒され…
待望のゆらゆら~設置完了!

癒し癒され…

朝から晩までゆ~らゆ~ら大人も子どももゆ~らゆ~ら(笑)


家を建てると決まった時から欲しかったのがこれ。初めてIKEAで見かけてひと目惚れ、でもマンションではつけるなんてことムリ!いいな~いいな~と指をくわえていたのは確か1年ちょっと前…。
そう、1年ちょっと前はこうして家を建てて新しい場所で暮らしているなんて思いもしなかった。住み慣れた場所で住み慣れた仲間と穏やかな時間を過ごしていくんだろうな~と思っていたのに、気がついたらこんなにチェンジしてました。

去年の夏、思いつきで遊びに行った住宅展示場から始まったこの大きな大きなチェンジ(思いつきだったのは私だけ?パパきちは計画の上?!)。それまで家族で訪れていたIKEA、マンションでの暮らしと戸建てでの暮らしでは見るものも選ぶものも全く違うものになっちゃいました。
いいな~楽しそうだな~欲しいな~なんて眺めていたこのブランコがまさかリビングにつくとは(笑)! リビングにブランコだなんて~と思っていたのは去年までのワタシ、今年のワタシはリビングにはブランコでしょ~!なんて大人も子どもも癒されるこのゆらゆらに大満足。

梁を渡してそこにボルトで止めつけて…というわけではないので公園のブランコのようにいけ~!!なんて立ちこぎや激揺れはダメだけれども、『この箇所は大丈夫ですか?』の質問に丁寧に答えてくださった設計士さん、そして『今から行きますね!』とわざわざ夕方から現地視察(笑)してくださった工事監督さんのOKをもらって安全地帯に設置しました。小さな小さな疑問やお願いにもしっかり答えてくれるメーカーさんに感謝感謝です。大きな買い物、それも絶大な信頼関係の上でのことなのでそれくらいはしてもらわなくっちゃ!といわれるかもしれないけれども、たくさんいるオーナーさんの小さな声をこうしてしっかり受け止めてくれるのはありがたいことです。
そうそう、先日も窓の開閉がしづらくなってしまって電話でお願いしたらすぐに駆けつけてくれたメンテナンスのおじさま、実際はホコリがたまるだけの些細なことだったんだけれども脚立を使っての作業は難しいのでいつでも呼んでくださいって笑顔で…。暑い中『これだけ~?!』な作業なのに快く対応してくれて助かりました。

ブランコの他に吊り輪も準備済み。こちらは子ども部屋に設置予定です。本当はどちらもリビングにつけてみんなが集まるリビングなんていうのにしたかったんだけれども、ウチの天井は斜天井にしていたりスピーカーがあったり(とんきちの友だちが防犯カメラと間違うくらいの無機質なもの!もちろんパパきち…苦笑)してこれ以上天井から吊るすのは難しく…。
吊り輪、遊びながら腕の力を強くしてほしいな~なんて狙ってる私、とんきちがその思いを感じて楽しんでくれるか、のんたんが毎日楽しんでムキムキになるか…やっぱりのんたんのほうがありそう(笑)?!


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。