FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
厄除けのお参り
厄神大祭・・・

厄神大祭であるという今日、仕事後のパパきちと合流して厄除けのお参りに行って来ました。

毎年参拝しているのですが、今までは遅めの時間に行っていたのでいつもすごい人。お参りに行っている人が多いのか、露天めぐりをしている学生さんが多いのか、とんきちを一人で歩かせるのが怖いほどでした。
でも、今年は少し早めに行けたのでお参りもそえごま祈願もとってもスムーズに出来ました。

初詣でお線香の煙に魅せられたとんきちは、「はやくだっこして~」と煙を全身に浴びようと必死。そして、本堂でのお参りでは、サッと手を出してお賽銭の催促。またまた抱えてもらって、お賽銭を投げ入れたあとはしっかり手を合わせてお参り。
隣でお参りしていた私、欲張ってしまったのか、とんきちよりも手を合わせている時間が長かったようで(当たり前ですよね~)、「おかあさん! おかあさん!」ととんきちに叫ばれてしまいました。あまりにも神妙な顔をして頭を下げている母を見て、ちょっと不安になったみたいでした。

一通りのお参りを済ませた後は、電車に乗って帰宅。…ですが、駅までの道のりは長く、その道々すべてにおいしそうなにおいを漂わせた露天がひしめいています。家に帰ってからゆっくり夕食をとりたかった私は、大して魅力を感じなかったのですが、パパきちに抱かれているとんきちの目はあっちこっちに動いて大忙し。一人何が食べたいか考えていたようで、「チョコがいい~!」と突然のアピール。
ようやく見つけた、チョコバナナの露天。大きめのバナナを選んでとんきちに渡すと満面の笑み。一口食べるごとにニヤ~ッとした顔。「おいしくてたまりません!!」といった感じかな?

初詣・厄除けのお参りで今年一年の幸せを願った我が家。
どんな一年が送れるのでしょうか…。健康に笑顔で過ごせたら一番ですね。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.