FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
鬼のお面作り その1
もうすぐやってくる♪おには~そと!♪の節分。
毎年とんきちと一緒に鬼のお面を作っているのですが、今年もようやく製作にとりかかり始めました。

基本的には毎年同じような作り方をしているのですが、どんどん手先が器用になっていくとんきちに合わせて、今年はちょっと細かい作業も取り混ぜてみました。

一緒に鬼のお面を・・・
1.頭が入る大きさの紙袋(柄があったので裏返しました)を絵の具で塗りつぶし、乾かしておく。
2.毛糸を適当な大きさの箱に巻きつけて、はさみで切って、髪の毛を作る(ポンポンを作る要領で…)。カラフルにするとかわいらしい鬼ができるかも?
3.画用紙を目・鼻・口の形に切り取って、クレパスで塗りつぶす。それぞれにはさみで穴を開けておく。

以上が今日の製作工程。
絵の具大好きなとんきちは、『鬼のお面』と聞いて、嬉しくて嬉しくてたまらない様子。片付けてあった筆を引っ張り出してきたり、絵の具セットを探したり大忙しでした。一年前のことなのに、鬼のお面=絵の具を使うということを覚えていたとは、ビックリ!!
珍しく、手が汚れることをあまり気にせずに色塗りを楽しんだあとは、髪の毛作り。
まずは、私が一度やって見せたのですが、「どうかな~、できるかな~?」と思っていた私を裏切り、とっても要領よくクルクルと毛糸を箱に巻きつけていました。他のことに目もくれずに集中している様子は、とても3歳とは思えないような貫禄さえありました(笑)。
それからは、慣れたはさみとクレパスを使っての作業。自分で考えた形を下描き、そして、その線に沿ってはさみでチョキチョキ。いつの間にか、線通りにはさみを動かすことができるようになっていたとんきちに私のほうがビックリでした。切ったパーツを好きな色・柄に塗りつぶしたところで今日はおしまい。

本当は顔に全てを付けたかったみたいで、「もうかわいているよ~!」と絵の具チェックをしていたとんきちでしたが、かなりの集中力を使っての作業だったようで、最後は大きなあくびをしていました。
自分で作ったお面のパーツを満足げに眺めたあとは…、
めずらしくお昼寝をしたとんきちでした。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


鬼のお面、こんな風に親子で手作りしたら大きくなっても忘れられない行事になるでしょうね。RICOが幼稚園へ行きだしたらしっかりそちらで作ってくるので私の出番はナシです(笑)。また鬼のお顔ができたら見せて下さいね。

ところで、幼稚園、学級閉鎖になっちゃいました(泣)。来週月曜日までどうしましょう~。
slo-mo | URL | 2006/01/24/Tue 22:55 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、おはようございま~す*
えっ!! 始まって早々にもう学級閉鎖ですか? インフルエンザとかの熱の風邪なのかな~。RICOちゃんは、今は大丈夫ですか? もしかしたら、何かもらってきているかも・・・。厳重注意ですね。

私もとんきちが幼稚園に行くまでの楽しみとして毎年がんばっています。幼稚園や保育所に行かなくても、おうちでこんなことができるんだ~という気持ちになってもらいたいなと。ただ、一対一なので心を広く持たないと私の頭の上からニョキニョキと・・・。こちらが鬼にならないよう心がけながらの作業ですよ~(笑)
とんきち | URL | 2006/01/25/Wed 08:36 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.