FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
久しぶりのお客さま
ママきちの初のピザ作りは・・・


最近お友だちが来ることのなかった我が家に久しぶりのお客さまがやってきました。ただ、とんきちのお友だちではなく、私の中学校時代からの大切なお友だち(親友というような大好きな人です)。

彼女は、高校から音楽の道に進み、今もリトミックの教室で先生をする傍ら、オーケストラの一員として演奏会などの舞台に立っている現役の音楽家なのです。
今は、少し離れたところに住んでいる上に、忙しい仕事をしているということで、年に1~2回会うことができれば「すごいね~!!」というような付き合い。それが、今日たまたま近くの小学校で演奏する仕事があったので帰りに家へ寄ってくれたのです。ただ、夕方には大阪城のすぐそばのホールで本番があるということで、おしゃべりできた時間は2時間ほど。

どこかお外でランチでも…というお誘いだったのですが、時間がないのなら、少しの間でもゆっくりできたら…と思い、私がお昼を用意して我が家で少し休憩をしてもらったのです。
せっかくのお友だちということで、いつもはとんきちと二人の適当な昼食とはうって変わって、ランチっぽくしてみました。…とは言っても、パスタとスープを作っただけ。でも、それだけではなんだか物足りないぞ~と言うことで、私もがんばりました。

なんと、パパきちのまねをして私もピザを作ってみました。
もちろんピザ作りは初めて、ちょうど図書館で借りていた本に載っていた生地の作り方が簡単そうだったので、がんばってみました。
私が粉を用意しているのを見たとんきち、「あ~!! いっしょにパンつくる~!!」と腕まくり。一人でもバタバタしているのにとんきち荷まで手を出されたら…と心配でしたが、何とかこねあげて、オーブンへ。メインではないので、トッピングはトマトソースとチーズだけのシンプルピザ。
お友だちが到着するのを待ちきれないとんきち、「はやくピザたべようよ~」とたびたび催促。こちらはきちんとできているか不安いっぱいなのに…(泣)。

結果は…。生地を薄くした甲斐あってか、かなりおいしかったですよ~。とんきちなんて「もっとちょうだい!!」とおかわり。
たぶん、パンと違って、クリスピー感覚で食べられるピザだから成功したのでしょうね。残った生地を使ってもう1枚ピザを用意したので、明日の朝はパパきちにもご賞味していただきましょう~。
さぁ、どんな感想がもらえるのかな~? ドキドキ(笑)♪
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.