FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
北の台地へ~富良野~

背中を向けるひまわりたち・・・



早朝の小樽に着いたとんきちご一行は、早速小樽港にある鱗友朝市で朝食。ここは、以前だんな様と二人で来たところで、朝水揚げされたばかりのイカ刺し定食がとってもおいしかったのでどうしても行きたかったのです。
「お刺身~」とウキウキしながらメニューを見ていると、横からとんきちが「おっきいお魚食べる~」とホッケ定食を指差し。仕方なく、ホッケ定食を二人ではんぶんこして、ダンナさまはタラバの足・海鮮チラシどんぶり、ばあばとばあばあばはウニ・サンマの刺身・あら汁・メンメの煮付けという朝食とは思えないようなボリュームの料理をたいらげたのです。
「北海道に来たんだ~」という気持ちでなんだかおかしくなっている私たち。これから、どんどんエンジンがかかり始めるのです・・・。

満腹の私たちは、小樽を後にして最初の目的地富良野へ。
彩花の里・ファーム富田でラベンダーを満喫した後は、楽しみにしていた陶芸体験。

陶芸体験をした北星茶寮・・・



「北星茶寮」では、好き勝手しゃべる私たちを優しく指導してくださったオーナーのおかげで本当に楽しい時間を過ごせました。
もちろんとんきちも一緒だったのですが、陶芸が出来るわけもないとんきちに粘土をひとかたまり渡してくれ、「一緒につくろうね~」と。ろくろ・へら・布など私たちが使うもの全て手元に集めて、一生懸命コネコネする姿は一人前の陶芸作家のよう。私たち大人よりずっと真剣に取り組んでいたような・・・。


お昼をまわり、朝が早かった私たちは「Gosh]でランチ。とっても小さい店なんだけれども、パンがおいしい!! ダンナさまはビーフシチューとパン(シンプルなんだけれど、噛めば噛むほどなパン)、私たちはツナメルトオープンサンド・チキンのホットサンドウィッチ・ハムとブルーチーズのサンド(私的にイチオシ!!)をオーダー。それにコーヒー専門店なので、お勧めの豆で挽いたコーヒー(私はコーヒーNGのお子ちゃまなのでカフェオレを)をいただきました。野菜もたっぷり入っているんだけれども、とんきちはどれもパクパク。パン好きとしてはたまらなかったようで、帰りにはテイクアウトのベーグルをきちんとおねだり。

バギーに乗って上機嫌なトンキチ



その後、ぜるぶの丘で2回バギーに乗り(帰る直前に「もう一回乗る~」とめずらしく大泣き)、十勝岳望岳台へ。自称山登り好きなとんきちは、車を降りるとすぐ登山道へ駆け出し、トコトコと・・・。途中何度かくじけながらも、15分ほど山道を登り続けました。そこはまだまだ山頂には程遠いところではあったけれど、十勝岳から立ちのぼる噴煙や刻々と移り変わる雲の様子にしばし見とれるとんきち。「すごいね~きれいね~」ということばを残し、山を下りました。帰りはさすがにお疲れで「抱っこ~」「おんぶ~」の嵐。親子三人追いかけっこをして車までがんばりました。
歩いた歩いた十勝岳・・・


今夜の宿はコテージということでカフェ・クラフトPUUで夕食。ここは創作いも料理のお店でお料理もおいしいんだけれども、なにより、店の片隅にある子ども部屋がかわいい。このお部屋の持ち主はこちらのおじょうちゃま。とんきちと同じ3歳ということで、お部屋に招き入れてくれたのです。始めはなんだか照れくさいのか、なかなか関われなかったとんきちですが、帰りにはちゃっかりお土産までもらっちゃいました。ここでは夕食として、ポテトピザ・ポテト&アンチョビのグラタン・オーブンカレー・フレッシュサラダ・ポタージュスープをいただきました。アンチョビ好きの私的にはグラタンがとってもおいしかった!

そして、ようやくコテージ花神楽へ。温泉施設も同じ敷地内にあり、コテージもとってもきれい。とんきちはもちろん、ばあばたちも大満足でした。到着後すぐ温泉に入り、明日にそなえておやすみなさ~い。

子供づれとは思えない無謀な一日。とんきちはといえば、車に乗るたびにぐっとふか~い眠りに落ちていたので元気ハツラツ。どちらかといえば母のほうが・・・。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


こんばんは~いよいよ旅がスタータしましたね♪
私、結婚する前に現・ダンナと行きました~しかもフェリーで。
懐かしいなあ。小樽に着いて食べた海鮮丼も美味しかったな~!
いつか私もRICOと一緒に北の大地、踏んでみたいな。でも、プールがないって言われそう(笑)。
slo-mo | URL | 2005/09/14/Wed 23:57 [EDIT]
北海道
おはようございます!
北海道へ行かれたのですね~今とても行きたい場所なんですよ 
大きな自然 美味しい食べ物を満喫したい(笑)
とんきち君にとっても思い出にのこる旅だったのでしょうね^^
愛花 | URL | 2005/09/15/Thu 05:10 [EDIT]
KOKOさま
実はこのたびの最後にはプールを満喫したんですよ。
水嫌いのとんきちも浮き輪にしがみついて・・・。
もう少しお待ちくださいね!
とんきち | URL | 2005/09/15/Thu 17:08 [EDIT]
愛花さま
とんきちにとっては大スキなばあばと一緒の夢のような時間だったみたい。
どこまでも続くまっすぐな道を見てかなり興奮。
それにしても大人にとっては『食の楽園』で、かなり胃が大きくなってしまったような・・・。
とんきち | URL | 2005/09/15/Thu 17:11 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.