FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冬の北海道´03~札幌・雪祭り~
雪祭り・・・

網走・層雲峡と冬の大自然を満喫したとんきちご一行が、残り2泊を過ごすことにしたのは、札幌。
層雲峡を出発したあと、「日本海を見ながら行こう」ということで、高速道路を使わずに札幌を目指してののんびりドライブとなりました。

雄冬岬を経て、右に日本海、左には時折見える断崖を落ちる数々の滝を眺めながらのドライブ。本当に何もない道でしたが、冬の静かな海に沿って走るゆったりとした時間でした。
この日もドライバーのパパきちは、「すご~い!」「うわ~、きれい♪」という車内の歓声に「どこどこ?」「えっ、見えなかった~(泣)」の繰り返し。本当にきれいな滝がたくさんあったのですが、なかなか見ることが出来ないパパきちは、最後は諦めたのかただただ無言でハンドルを握り続けていました(笑)。

石狩湾を通過した後、札幌へ。久しぶりに見るたくさんの車、たくさんの建物に「あ~、都会だな~」なんて妙な感動を覚えながら、とりあえず、市内では必要のないレンタカーを返却。
さっぽろテレビ塔
さっぽろでの第一夜は、おなじみの『さっぽろ雪まつり』の大通り会場、そして、すすきので行われている『すすきの氷の祭典』へ。
夜遅くなってから訪れたので、こちらもまた寒さとの戦い。でも、想像以上の大きな雪像の数々に「うわ~」という感動でいっぱい。とんきちもしっかりじいじ・ばあばに抱っこされて、目をパッチリ開けて見つめていました。もちろん「すごいね~」なんて感想は言ってはくれなかったのですが、短い首を一生懸命動かしながら、大きな大きな雪像を眺めていました。

翌日は、電車で小樽へ。小樽運河沿いに散策、お昼にはお目当てのお寿司を堪能し、満腹のおなかを抱えて、北一ガラスへ。
こちらで今回の旅行の記念にと、シャンパングラスを、隣接する『六花亭』『北菓楼』ではおいしいお菓子を購入。

一日小樽の町をうろうろと歩き回り、「つかれた~」と大満足の私たち。今夜の夕食は、札幌で予約済み。
狸小路にある『炙屋』をネットで見つけて予約していた私たち。小樽で遊びすぎたので、予約の時間に滑り込んでの夕食スタートとなりました。
札幌駅から大人4人プラス抱っこのとんきちでの競歩で、全員喉がカラカラ。「とりあえずビール!!(私は中ハイでしたが…)」状態で、ジョッキを一気に空にして、ようやくホッと一息。
抱っこされていたとはいえ、とんきちもかなりお疲れ&空腹だったようで(小樽からの車内でおっぱい&北菓楼のシュークリームをペロリと味見していましたが…。)、次から次へとお皿を空にしていく私たちを見ながら、思わず座卓にパクリ。「なにかちょうだい~」と言っているようでしょ? この炙屋、炙りというだけあって、焼き物がおいしかった~。特に超巨大のホッケは、今思い出してもお腹がグ~ッとなります。
思わず座卓をパクリ。

楽しかった北海道のたびも今夜が最後。…ですが、予定していた工程が一つ残っているんです。
素泊まりのホテル(激安!!)のため、朝食は自前だったので、最終日の朝食は『札幌場外市場』で海鮮丼を食べることに。事前に連絡しておくと、ホテルまで迎えに来てくれるお店があったので、チェックアウトを済ませて荷物だけ預けて、いざ。
お目当ての海鮮丼に大喜びの私たちでしたが、待っても待っても口に入らないとんきち、しびれを切らしたのか、突然ゴソゴソと動いたものですから、掘りごたつ式のテーブルの穴に転落。…しそうになったので、慌てた私は、手にしていた海鮮丼を放り投げて我が子を守りました。
とんきちは、土間の角でこめかみをぶつけ少し皮がめくれただけで済んだのですが、私の海鮮丼は悲しいかな床にバラバラに…。あまり食べていなかったのに~(号泣)。お店の方はもういっぱい…くれませんでした。

…とバタバタとした4泊5日でしたが、初めて目にするものをたくさんあり、本当に楽しい旅行となりました。
でもでも、やっぱり北海道は夏がいいな~が私の本当の気持ち…。
千歳空港に向かう電車内で・・・


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


海鮮丼残念でしたね~
でも、いい思い出になったのでは!?
礼文は6月が最高なんですよ
場所柄、日本最北端の公衆トイレなど
なんにでも最北端を付けたがりますが・・・
実際、友人宅も以前は最北端のユースホステルだったそうです
今は民宿になっていますが
うちは仕事の都合も在りますので9月頃になる予定です
9月になるとはっきり言って冬ですが
友人に会いに行く旅なのでそれでも良いかな~なんて思っています

大の字 | URL | 2006/02/11/Sat 23:44 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、こんにちは~*
そうですよね。北海道はやっぱり6月がいいって言いますものね。
でも、日本最北端ならば、どこよりも早い秋(冬?!)の景色が楽しめるかもしれませんね。山の上では紅葉が始まっていたり・・・。
たくさんの笑える最北端に出会えるのかな~? 最北端探しも楽しそう!
海鮮丼、今となっては「あの時は悲しかった~」なんて笑い話ですけれども、その瞬間はとんきちは落ちてもたんこぶ程度だったのでは・・・と、自分の親心を悔やんだりもしましたよ(笑)。だって、本当においしかったんですもの~。
とんきち | URL | 2006/02/12/Sun 12:56 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。