FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


転んでも、転んでも・・・
昨日の寒さがウソのようにポカポカと暖かな陽の光が射し、穏やかな日中だった今日、とんきちと二人で近所の線路沿いをお散歩。

派手に転んだ・・・とんきち先にお買い物に行ったお店で、とんきちはバレンタインに向けたお菓子レシピのメモを見つけて「これつくろうね~♪」と数種類あるうちから一枚を選んで手に握り締めていました。
そして、背中にリュックを背負い、手にはレシピメモを持って意気揚々と歩いていた矢先、「もうすぐ電車が通るよ~!」と私が声をかけると、ちょうど少し先に高架があり、そこで電車を見たいと思ったとんきちはダッシュ!! 車の通らない道なので一人で歩かせていたのですが、私の横を走りすぎた、ちょうどその時…。

「ベチャッ、ゴンッ!」と鈍い音。そうです、派手に転んだのです。それも、手にメモを持っていたので手を地面につかずにそのままベチャッと(単に手が出ずドンくさいという気も…)。「ゴンッ!」という音は、とんきちのおでこと地面のアスファルトが「こんにちは!」をした音。
今までたくさんの子どもが転ぶところを見てきましたが、こんなにいい音をたてて地面におでこを打ち付ける子どもは初めて見ました。もちろん、かなりの痛さ。「いたい~、いたいよ~」と大泣きするとんきち。
でも、すぐにたんこぶは出来ず、少し赤く擦り傷になっただけ。冷やそうにも水がないので、しばらくさすってあげると気が済んだのかまた歩き出しました。

実は先日、雨上がりのお散歩をしていたときも、待ってくれている車を見て急いだとんきち。「滑るよ~!!」の私の声と同時に「ズルッ!」と。そして次の瞬間、きれいに仰向けに寝転び、空を仰いでいました。転んだ本人のとんきちも「ツルってしたら空が見えた~」と笑って言っていました。
溝のふた(グレーチングタイプというものです)の上を走ったので、滑ったのですが、やっぱり油断するとあちこちでゴロン、と。
待っていてくれた車のおじさんも、寝転ぶとんきちの脇に車をつけて、「ごめんな~、だいじょうぶか~?」と、笑いをこらえた顔で声をかけてくれました。

こんな風に痛い思いをしているとんきちですが、私はちょっと嬉しいんです。
今まで(今もですが…)、かなりの用心深さから転ぶことが極端に少なかったとんきち。そんなとんきちが、少しずつ大胆な動きをするようになったことが嬉しくて♪
もちろん、頭を打ったときは、その後の様子を要観察ですが、転んでも転んでも立ち上がり、元気に遊び続ける、少しずつそんな強い子に向けて成長しているような気がして、「転ぶのバンザイ!」の毎日です。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


とんきち君、見事なこけっぷり!男の子が、女の子が、と言うつもりはありませんが、さすがに男の子!元気に走っていた様子が目に浮かびます。その後おでこは大丈夫かな?
RICOもたま~に派手にこけてます。タイツをはいていたのに、両膝破って流血したり(笑)。笑ってられないけれど、ちょっと思い出に残りそうな出来事ですね。
slo-mo | URL | 2006/02/13/Mon 23:03 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんにちは~*
あまりにもすごい音だったので、すぐに腫れるだろうな~と思っていたおでこも何もなく、少しすりむいたくらい。やっぱりかなりの石頭みたい(笑)!
でも、たくさん転んでたくさん怪我をして、受け身も上手になっていくのだろうから、これからもバンバン転んでもらいたいです。でも、ひじ・ひざ程度の怪我で終わってくれるとありがたいな~というのは、親のわがままですね。
そうそう、女の子って冬場に転ぶと両膝に大きな穴を作ったりしますよね。おろし立てのタイツの日はショックで・・・というのを聞いたことがあります(笑)。でも、そんな姿、本人は結構楽しんでいたりして!
とんきち | URL | 2006/02/14/Tue 16:31 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。