FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ねずみくんのプレゼント・・・


ねずみくんのプレゼント
なかえ よしを 作  上野 紀子 絵
ポプラ社

かなり前にシリーズを続けて楽しんだねずみくんの絵本。
だんだんと難しくなってきたのでちょっとお休みしていたのですが、久しぶりに手にしたお話は、とんきちが大好きな風船のかわいらしいお話だったので楽しむことにしました。

ねみちゃんの誕生日、ねずみくんがプレゼントに選んだのは大きな風船。とっても大きな風船にはねずみくんの気持ちがいっぱい詰まっていました。大喜びのねみちゃん、他のお友だちからもお祝いをしてもらいますが、やっぱり大きな大きなねずみくんのプレゼントが一番。
でも、たくさんのお友だちからプレゼントをもらう間になんだか風船が小さくなってきちゃったみたい。
そして最後には、縮んでしまった風船の形がおかしくなっちゃいました。なんだかとがっていて、お友だちも「へんなプレゼントだなあ」と笑っています。
でも、割れてしまった風船の中から何かが出てきました。
やっぱりねずみくんの気持ちがいっぱい詰まった素敵な風船だったみたい。

最初はとっても大きな風船だったのに、少しずつ、本当に少しずつ小さくなっていく様子にしっかりと気がついたとんきち。「あれ? ちいさくなってるね~」なんて言いながら、この風船はどうなるの?という顔で興味津々。風船が気になりすぎて、他のお友だちが持ってきてくれたプレゼントのことなんてまるで目に入ってない様子。
同じようにねみちゃんも少しずつ小さくなる風船のことばかりが気になってしまって、お友だちからプレゼントをもらっても浮かない顔。
いつもなかなか格好よく決めようと思っても上手くいかないねずみくんですが、今回はねずみくんの優しい気持ちがしっかりねみちゃんに伝わってよかったね~。
それにしても、こんなにたくさんのお友だち(みんな男性?!)に慕われるねみちゃん、なかなかうらやましいですよね!






ぽとんぽとんはなんのおと
神沢 利子 さく  平山 英三 え
福音館書店

この冬は、雪を見る機会が本当に多くて、とんきちと楽しむ絵本にも雪をテーマにしたものがたくさんありました。
そして、このお話も「いつお話しようかな~」と思いながら、立春を過ぎてしまい、とうとうこんなに暖かな陽が射すような2月の終わりになってしまいました。

雪が毎日降り積もり、野原も山も一面雪景色。
冬ごもりの穴の中で、1頭のくまの母さんが双子のぼうやを生みました。おっぱいを飲んでは、くうくう眠って大きくなるぼうや。
そんなある日、ぼうやはどこからか聞こえてくる音を耳にして母さんに尋ねます。
ある時は、「かーん、かーん」というきこりが木を切る音、そしてある時は、「ほっほー、ほっほー」というふくろうの声。
初めて聞く音にビックリのぼうやたちですが、母さんはいつも優しく「あんしんしておやすみ」と優しく答えてくれます。
そんな冬ごもりの穴の中で聞こえてくる音も、だんだんと春の気配を感じさせる音に変わってきました。「どどー、どどー」と雪崩の音が聞こえ、もうすぐ雪がとけて春が来ることを感じるぼうやたち。
そして、洞穴の入り口から聞こえてくる「ぽとん、ぽとん」という音。鼻をくすぐるようないいにおい。春風が吹いてきたのです。
あたり一面真っ白だった景色も一変して、草や花が芽を出す春がやってきました。
長い冬ごもりが終わり、ぼうやたちは初めての明るい外へ出て行きました。

とても静かなお話。静まり返った雪の洞穴の中ではこんなにもたくさんの音が聞こえるものなんだ~と改めて音に囲まれた私たちの生活にビックリです。
とんきちも「なんのおとかな?」という顔をしてじっと絵本に見入っていました。
表紙のイラストから「ぽとん、ぽとん」は『雪』が降る音だと思っていたらしいとんきちは、『つらら』と聞いてちょっと予想外でびっくりした様子。北海道へ遊びに行ったときにはたくさん見てきたつららですが、今となってはちょっとイメージできなかったみたい。「氷の棒が屋根からぶら下がっている」ということばで伝えても「そうか…」と分かったのだか、分からなかったのだか…。
絵本を閉じて、電気を消した布団の中で「静かにしているといろいろな音が聞こえるね~」とお話をした私たち。でも、その直後に小さな音が…。静寂の中響いたのは、とんきちの小さな『おなら』の音でした(笑)!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。