FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とんきちの視点
今朝起きてきたとんきち、「きょうはゆめをみた」と嬉しそうに報告。

どんな夢だったのか尋ねてみると、内容を詳しく説明することは出来ないみたいなんだけれども、『おもちゃ』の夢だったらしい。たくさんのお気に入りのおもちゃに囲まれて、思う存分遊ぶ楽しい夢だったのかな~。

そして、とんきちは私にも「どんなゆめみた?」と。めずらしく夢を覚えていた私は、「車を運転する夢だったよ」と答えた。
続けてとんきち、「おとうさんはなんのゆめ?」と。でも、その時パパきちはもうすでに仕事に出かけていたので「なんだったかな~。聞いてないわ」と答えると、何かがひらめいたとんきち。
「あっ、わかった! ハリーポッターのゆめだ!!」と自信満々の答え。

そういえば、先日書店へ行きとんきちと絵本を選んでいた時。自分の気に入った絵本を数冊選び、手がいっぱいなのに、「これはおとうさんがすきだから・・・」と分厚い『ハリーポッター』の本を抱えてきてくれました。
絵本を選んで、私の姿を探してウロウロしているときに『ハリーポッター』シリーズが目に付いたようで、「これはかわなくっちゃ…」とでも思ったのか…。

日ごろ何気なくしている行動をしっかりと見ている子どもたち、行動だけでなく、なんとなく手に取るもの・見るものにもとっても敏感に反応しているんだな~と実感。
パパきちが『ハリーポッター』の本・DVDを見ていたのはかなり前のこと。でも、いつもはパソコンに向かってばかりのお父さんが本を片手に過ごしている姿というのはかなり印象に残っていたみたい。

本当に子どもの視点というのはおもしろい! 
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


先日ユウタも図書館からこれはパパにと、
『子供のための乗り物大図鑑』を借りてきてくれました(^^:)
苦笑しちゃいましたよ
子供の視線て大人になっても忘れちゃいけない気がします
大の字 | URL | 2006/02/28/Tue 13:57 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、おはようございま~す*
ユウタくんと大の字さんは共通の趣味を持っていますものね。きっと、ユウタくんは[これみて、もっとべんきょうして、またたびにでよう~」という強い気持ちをアピールしていたんですよ(笑)!
何を見られているか分からずドキドキする反面、観察力の鋭さには脱帽ですね~。
とんきち | URL | 2006/03/01/Wed 09:28 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。