FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


約束どおり
飛行場

今日は、北の思い出はちょっとオヤスミして家族でお出かけ・・・

以前、『ひこうじょうのじどうしゃ』を読み、とんきちと「今度、飛行場に見に行こうね」と約束していたので、祝日の今日、家族でお出かけしてみました。我が家から伊丹空港は近くって、時々遊びには行っていたのです。でも、今までは「飛行機を見よう」ということで行っていたので、今回のように縁の下の力持ちである飛行場の自動車をメインにしたのははじめて。

かばんにお弁当・水筒・絵本・双眼鏡を入れていざ出発。
到着したのが昼過ぎだったのでとりあえず、お昼ごはん。でも、滑走路が目の前に見える屋上デッキに行ったので、とんきちはお昼どころではない! ちょうど、離着陸ラッシュだった滑走路は・・・

とんきち双眼鏡で・・・



次から次へと滑走路へ走り出すし、大音量とともにたくさんの飛行機が着陸。おなかがすいていたはずのとんきちも慌てておにぎりをひとつ口に放りこんで、立ち上がる。そして、「食べてしまいなさい!」と言われ慌てて座る。その繰り返し・・・。

そこそこで「もうお腹いっぱい」と立ち上がり、双眼鏡を片手に滑走路に釘付け。もちろん肉眼でもバッチリ見えるくらい近いし、誰も双眼鏡なんて持っていません。でも・・・飛行機が動き出すと慌てて双眼鏡を目に当てて、「本当だ~飛ぶよ~!」なんて。まるで探検家のように、辺りをキョロキョロ。時々双眼鏡の前後を間違えると恥ずかしそうに私の顔をうかがいながら、「おっとっと・・・」なんて照れて見せます。



とんきち絵本を片手に興奮!



一通り飛行機の離着陸を堪能したあとは、足元で忙しく働いている自動車たちの観察。「これあるよ」と絵本を差し出すと、一人前に絵本と実物を見比べて、「これだ~」と大喜び。私も一緒になって、「今度はこれさがそう」なんて話しながら、はじめて見る自動車たちにドキドキ。
今までなんとなく見ていた自動車たちだけれど、その一つ一つの役割を知ってみると、楽しさ倍増! とってもお勧めの楽しみ方。日ごろ目にすることのない自動車たちだからその感動もアップ。


結局、とんきちは1時間近く飽きもせず一ヶ所にとどまって、飛行機や自動車たちを眺め続けていました。最後は私が疲れちゃって、「行こうか!」とリタイヤ。でも、集中してみていたとんきちは、大満足のようですんなり「うん!」と・・・。とっても満足げな表情。



飛行場からの帰り、敬老の日ということでじいじ・ばあばのおうちへ。パパきちがじいじいじにお好み焼きを振舞い、とんきちはいつもどおりじいじと大ハッスル。帰宅後、『ひこうじょうのじどうしゃ』と『ねずみくん』シリーズを手にしていたのですが、アッというまに夢の中へ・・・。でも、寝顔もなんだかいい表情。今日はとってもいい気分でオヤスミできたとんきちでした。反対に、最近絵本ごぶさただな~と寂しくもある母なのです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


とんきちくん、飛行場での1日、大満足のようでしたね!さすが男の子!とんきち母様もお付き合いするのが大変ですね~(笑)。
それにしても、毎晩3冊ほどお読みなんですね。すごいなあ。私も出来るだけ読むようにしていますが、それでも1冊がやっと。もっと読んであげるといいのかなあ?そうだ、あの「ねぎぼうずの・・・」はウチも理解出来なくはないけれど、不思議すぎて?って顔をずっとしてました。
slo-mo | URL | 2005/09/20/Tue 21:24 [EDIT]
KOKOさん
絵本を3冊というのは、たぶんとんきちがまだ3歳で、セレクトするお話がシンプルなものだからかな? 私も年長さんを担任していたころは、長い物語絵本にちょっと低年齢の絵本と言葉遊びの絵本というものを選び、どうにか・・・っていう感じでしたよ。でも、おうちでだったら、じっくり1冊の本をお母さんに読んでもらうということだけで大満足していると思いますよ。
とんきち | URL | 2005/09/21/Wed 13:34 [EDIT]
そうですか、1冊でも満足してくれると分かり、ホッとしました。今日は「手袋を買いに」です。でも、長くて途中まで。明日のお楽しみにします~。黒井健さんの絵がほんわかです。
slo-mo | URL | 2005/09/21/Wed 22:16 [EDIT]
KOKOさん
長いお話を数日に分けて・・・というのは大きくなるとできることですよね。
「また明日・・・」というのはワクワクドキドキの楽しみなんでしょうね。
とんきちが「待つ」喜びが分かるようになるまでまだしばらくかかりそう・・・。
それまでは「もっと、もっと」なんだろうな。
とんきち | URL | 2005/09/22/Thu 10:27 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。