FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ねずみくんのたんじょうび・・・




ねずみくんのたんじょうび
なかえ よしを 作  上野 紀子 絵
ポプラ社

ねみちゃんがねずみくんのためにステキな誕生日プレゼントを用意。きれいにラッピングしようとするんだけれども・・・ 友だちがたくさん集まってきて、みんなそれぞれにねずみくんのためにとがんばる姿がとってもかわいい、優しい気持ちがいっぱいのお話。「これがしたい」というイメージがあってもまだ全てはうまくいかないとんきちも、がんばる動物たちの姿を見て心配顔。やりたいんだけれどもできない・・・そんなもどかしい気持ちがとってもよく分かっていいるのかな?









またまた! 
ねずみくんのチョッキ

なかえ よしを 作  上野 紀子 絵
ポプラ社

今度はねみちゃんがねずみくんにチョッキを編んでくれました。「今度こそは」とがんばるねずみくん、でも、ちっちゃなへびくんには「いいよ」と。貸してもらったへびくんはチョッキが似合わなくてしょんぼり・・・。
そしてやっぱり、いつものとおりねずみくんのチョッキはのびのびに。このお話は悲しむねずみくんにねみちゃんがとっても優しい! まるでお母さんのように・・・。
いつもいつもダメになっちゃうねずみくんのチョッキを見て、「まただ~」とガッカリのとんきち。でも、思わぬ展開にほっと一安心。「よかったね~」で終わらないところがとっても楽しいお話。










コップをわったねずみくん
なかえ よしを 作  上野 紀子 絵
ポプラ社

コップをわってしまったねずみくんが怒られたくない一心で友達のせいにしてしまおう・・・と知恵をしぼる。でも,割ったところをみんなに見られてしまって大変。私たち大人もみんな感じたことのある「どうしよう」をねずみくんが解決してくれます。やっぱり素直が一番。まだ、ごまかすことを知らないとんきちは、ねずみくんがどう解決するのかちょっぴりドキドキ。今のまま「ごめんね」と素直に認められる子どもでいて欲しいな~。そのためには、まず親が気をつけないとね。

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.