FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
摩周湖・美幌峠・屈斜路湖

美幌峠・・・



北の大地6日目。今日は朝からご馳走! 釧路の和尚市場へ行き、名物の勝手丼を堪能。ここの市場はライダーたちのために新鮮なお刺身を一切れずつ販売しているんです。そして、ホカホカのご飯を買い、自分で選んだネタをトッピングしてもらう。名づけて『勝手丼』。
何度か北海道へは来ていたのですが、なかなか試してみることができなくて・・・ ようやく私の夢がかなう日が~

たくさんの店が並んでいるのでその中から自分好みの店を選ぶのも大変。結局、その中から2店選び、のせたお刺身は・・・サーモン・ホタテ・イカ・生タコ・ハマチ・ホッキ、そしておまけのツブ貝。カニ好きのパパきちはカニ足をたっぷり。お刺身がお口に合わないとんきちは、これまた釧路名物のザンギをご飯に乗せて、ザンギ丼を堪能。
お寿司屋さんで海鮮丼を頼んでしまうと、あまりお好みでない魚貝がのっていたり、お上品に盛られていたりするのですが、やっぱり自分の食べたいものだけを好きなだけ・・・というのは至福の時間。
勝手丼のポイントはご飯少なめ! ご飯よりも新鮮な魚貝でおなか膨らませたいですものね。

あの見事などんぶり・・・ 実はカメラにおさめるよりも先におなかの中に・・・ だって、あったかいご飯ですぐに鮮度が落ちてしまうんですもの(思い出より、食い気のとんきちご一行でした)。

おなかがいっぱいになったところで今日も元気にスタート。
目指すは、摩周湖・美幌峠・阿寒湖。釧路湿原の端をドライブしながら、ひたすら北上。ノロッコ号で見た釧路湿原は東の端。今日のドライブは西の端。やっぱり広かった~ 昨日の展望台なんて全く見えないですもの。本当に緑の海。

霧!?の摩周湖



弟子屈町へ入り、摩周湖到着。第一展望台から見る摩周湖は、とってもきれい。ただの大きな湖なんだけれども、水の出入りがなく静かにたたずむ姿はとても神秘的。ばあば世代には、霧の摩周湖のイメージが強いみたいだけれど、私たちは晴れた摩周湖を堪能。
そして、硫黄山へ。ここは、今もたくさんの噴気口からもくもくと噴煙を立ちのぼらせる活火山。辺り一帯に硫黄のにおいが立ち込め、硫黄で蒸したゆで卵も売られています。卵好きのとんきちは、「食べる~」とダッシュ。硫黄の香りと噴煙の中でいただくゆで卵、なんだかおいしかった~ 味はたいして変わらないんでしょうけどね・・・


硫黄山



硫黄山から少し走ると屈斜路湖。その屈斜路湖を見渡せることができるのが美幌峠です。とてもきれいな道の駅があるのですが、私的には以前の古い建物のほうが味があって好きかな~ ここからは大きな屈斜路湖を一望でき、山の上なので風もとっても気持ちがいい。眺めを楽しむこと以上にお目当てにしてきたことは・・・ 美幌峠名物『あげいも』。道産のジャガイモを丸ごと揚げているのですが、ホクホクとっても甘い。
今回はいただかなかったのですが、『美幌天丼』というのがあり、とってもおいしいらしい。食べていた方が超お勧めだと・・・。

今夜は、北海道の宿の中でも常に上位にランクインするところ。コテージが多い今回のたび、とっても期待大のホテル。どんな夜になるのでしょうか・・・。



屈斜路湖



スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


とっても懐かしい写真が多かった~!私も硫黄の中で卵食べた思い出が・・・。きっととんきち君も、あの時のあの卵、あの匂い、まで思い出として残っていくことでしょう。

それでこの日のホテルは?憧れの・・・と言うことは、もしかして~!あの~?!お答え、楽しみに待ってます。
slo-mo | URL | 2005/09/23/Fri 21:29 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさんもやっぱり食べました~?! こんなところに来てまでゆで卵~なんて思いながらもついつい食べたくなっちゃうんですよね。

勘のいいKOKOさん。どうですか? 大正解かな?
とんきち | URL | 2005/09/24/Sat 17:25 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.