FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
とんきちとお出かけ・・・
ママきちは、大仕事を終えて病院で充電中ですが、とんきちいつもどおり元気一杯!!
よって、とんきちも病院にずっといるのもしんどいでしょうとのことで、昨日、昨年も訪れた「トミカ博」に行くことにしました。
最初は、私(パパきち)と二人で行こうとしていたですが、何故か?パパきちのじぃじ・ばぁばもお供することになりました。

自宅を早めに出て、会場へ・・・
オープンする前に到着!朝ご飯を食べずに自宅を出たとんきち、パパきちは、まずは腹ごしらえを
まずは腹ごしらえ・・・腹ごしらえも終わると、とんきちのボルテージは振り切れんばかり!
いざ、当日券を購入後、会場内へ・・・
いざ会場へ・・・
そこにはいきなりのプラレールの巨大ジオラマ、プラレールにはまっているとんきちにとっては、我が家とのスケールの違いからか、ジオラマの前から離れません!!
規模が違うねー・・・

規模が違うねー・・・

やっとのことで、ジオラマコーナーからゲームコーナーへ、ここではチケットを購入し、色々なゲームを楽しめます。

まずは、昨年も楽しんだ「トミカつり」、名のとおり魚釣りのトミカ版で、大きなボックスの中には様々なトミカが入れられており、このトミカを一分以内にいくつ吊り上げることができるかといったゲーム
当日の最高吊り上げ数になると景品がもらえ、そうでない場合は、吊り上げたトミカから気に入ったトミカを一台もらえます。

とんきちとの共同作業の結果、今年の成績はなんと!2個でした。ちなみに昨年は、11個程度つれたのですがね・・・なんとかとんきちは気に入ったトミカをGet!出来たので、結果よし。

その後も、ゲームを楽しみとんきちはご満悦、更に会場出口エリアには、お決まりのトミカ、プラレールの販売をしており、まんまとTOMYさんの戦略?どおり、じぃじにたくさんのお土産までを買ってもらい、とんきちにとって素晴らしい?一日となりました。

病院の部屋で・・・最後に、会場を後に、そのままママきちの病院へ、もちろん病室でお土産を真っ先に広げて遊んだことは言うまでもありません。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.