FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


憧れの宿

オンネトー



のんびりと湖を見てまわり、珍しくゆったりした気分で向かった今夜の宿。ここは、北海道のホテルの中でも各種ランキングでいつも上位に入っているホテル。
阿寒湖温泉 阿寒遊久の里 鶴雅が今夜のお宿。

以前パパきちと阿寒湖を訪れたときは、もっとお手ごろな宿にお世話になったのですが、そのときに乗った阿寒湖遊覧船から見えたこのお宿・・・。屋上と湖面に面したフロアの2箇所に露天風呂があり、なんだかたたずまいが優雅で「今度はあそこに泊まりたいね~」なんていっていたんです。
今回、宿泊地をさがす段階からどうしても泊まりたいと真っ先に選んだお宿。


いつもはあまり早めのチェックインをしない私たちですが、今日は15時過ぎに到着。早々にお部屋に案内してもらいビックリ!!
5名という人数に加え、おチビ連れだったからか、2間続きのとても広いお部屋を用意してくださっていたんです。予約のときに「なるべくいいお部屋を・・・」なんてお願いしていたパパきちの努力が報われたのかな?

ほっと一息お茶をすすり、私たち親子はまたまた洗濯がてら周辺のお散歩。ばあばたちはなんと、あかすりを体験。実は、パパきちも夕食後の予約をし、虫に刺されすぎて全身がかゆい私はフェイシャルエステを・・・。

阿寒湖を見に行こうと思ったのですが、雨がパラパラ。ここまで来てとんきちに風邪をひかれてもいやなので、お土産やさんめぐりを。阿寒湖といえばアイヌ。アイヌコタンも近かったのですが、入り口前のお土産やさんを見ていると面白くて、あっという間に時間が過ぎてしまい、結局、木彫りのふくろうととんきちにコマを買っただけでホテルへ。

ロビーで振舞われているじゃがバターをいただき(とんきちは3つも!!)、部屋へ戻ると、スッキリした顔のばあばたちが・・・。至福の時間を過ごしてきたとかで、「気持ちよかった~」の繰り返し。
お風呂を済ませた2人を残し、私たちは温泉へ。とんきちは「お母さんと」ということで女湯。この時間は女湯が屋上で男湯が1階だったので、屋上から阿寒湖の眺めを・・・と思ったのですが、ちょっと時間が遅く見渡す限り漆黒の闇。でも、気持ちよかった~。
そのあとはお待ちかねの夕食、こちらでもバイキングをチョイスした私たちは、和・伊・中とたくさんのお料理に囲まれて大満足。デザートもたくさんあり、これまたとんきちには大好評。家族で来たときにはやっぱりバイキングが一番。お部屋でゆっくりいただくのもいいけれど、ワイワイ楽しく過ごせる食事の時間はとっても楽しいですものね。

食事を済ませると、待ちに待ったあかすり・エステの時間。パパきちはくすぐったがりのため心配しながらいったのですが、予想外の気持ちよさに大満足。私は、疲れていたのか始まってすぐに大爆睡・・・ 気持ちよかったから寝ちゃったんだろうけど、何してもらったのか覚えてないよ~という間抜けな結末に。

そのあとはホテル内のお店を見てまわり、のんびりホテルライフ(タイム?)を楽しみました。
疲れたとんきちは、お部屋の布団でゴロンゴロンと遊んでいるうちにオヤスミ。私たち女3人組は、23時のお風呂入れ替えの時間を待ってもう一度温泉タイム。広い湯船に使ってのんびりと・・・とっても優雅な夜でした。

そんなステキなお宿の写真・・・ 楽しくって楽しくってカメラはケースに入れられっぱなしだったのです。あ~あ・・・カメラマン失格!!





今夜は、私のひざの上で眠ってしまったとんきち。
お休みだとパパきちとハッスルするので疲れちゃうのかな?
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。