FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
楽あれば苦あり・・・
昨日は懐かしい友人が遊びに来てくれた上に、とんきちはお友だちのお家へ、のんたんはずっとグッスリおやすみ・・・というとってもとっても幸せな時間をすごすことができた私。
ちょっと羽を伸ばしてラクをしすぎたのか、今日はとってもお疲れです・・・(涙)。

朝からグズグズ泣いてばかりののんたん。おっぱいをしっかりしておなかがいっぱい、思い当たることはただ眠いだけのはず。なので、ずっとずっと抱っこしてばかり。でも、なんだか抱き方がしっくりこないのか、寝るに寝られないようでグズグズ・・・、グズグズ・・・。
こうなったらこれだ!ということでスリングに入れて家事をこなしていると、今までの愚図りがウソのようにすっと夢の中へ。
そしてそこでとんきちがお目覚め。二人でかなり遅めの朝食を済ませて、ようやく休憩を、というところで『ンギャ~』という力強い声。
ちょうどおっぱいの時間だったのでおなかを満たせて、また夢の中へ・・・という願いもむなしく、またまたグズグズモード突入。

抱っこして家中を歩き回り、寝室のベッドの上で二人でゴロンと横になり、母の秘密兵器添い寝でおっぱいをしてのんたんはうつらうつらと夢の中へ・・・。「よしよし!」と一人喜んでいたのですが、そこにやってきたのんたん大好きとんきちが『のんた~ん』と言いながらおもちゃをガチャガチャ、ベッドをユラユラ・・・。
そんなとんきちと戦いつつのんたんを寝かせて、邪険にされたとんきちとしばらく一緒に遊んで・・・。すると、またのんたんが・・・。

と、一日中こんな調子でした。
おまけに今日ののんたん、勢いに任せておっぱいをグビグビしていたのか、朝から晩までおっぱいを吐き続けてくれました。のんたんはもちろん、私も何度も何度も着替えをしてばかり。
おまけにおまけに夕食では、とんきちが苦手なピーマンを前に『ねむい』『おなかいっぱい』とイヤイヤ光線を発射。かなりお疲れだった私はそんなとんきちにイライラ・・・。

楽しい一日を過ごした後なので普段の日常がとってもつらく感じた今日一日。
やっぱり、ゆとりを持って過ごさないとダメですね。なんでも「やらなくっちゃ!」「早く!」という気持ちで向かうと、余裕がなくなり自分で自分を追い詰めてしまいます。そして、このしわ寄せはとんきちの元へ・・・。ごめんね~と思いつつも、やっぱり疲れるとダメですね~。反省の一日です。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


そうそうユウタも苦手な物が出てくると急にお腹が一杯になりますよ~(^^)
昨日が少しだけのんびり出来たせいか、その反動ですかね~
でもこの3人の関係ってほのぼのしていてなんだか良いです
大の字 | URL | 2006/06/09/Fri 01:27 [EDIT]
あるある、そんな1日…。なんか何をやっても裏目というか、出るのはため息ばっかりな日。「いつもそうじゃない」と思う余裕がその時はなかったりするんですよね。で、子供達が寝付いた後に自己嫌悪…みたいな。今でこそ私もそんな事が減りましたが、これからの生活きっとまたバタバタと嵐のような日があるんだろうな。今日は金曜日、明日は週末。パパきちさんの登場で少しお休みできると良いですね。無理しないでね。
slo-mo | URL | 2006/06/09/Fri 07:42 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、こんばんは~☆
自分もそうして嫌いなものから逃げてきた記憶があるのですが、同じ事をされると「食べなさい~!!」となってしまいます(笑)。子どもって好きなものだけ食べたいのが普通ですものね。
ラクをするとそれが当たり前に感じてしまう私。ベビー誕生で2児の母になったのだから仕方がないと思いつつ、1ヶ月が経ちちょっぴり疲労が蓄積されています。
とんきち | URL | 2006/06/09/Fri 21:30 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんばんは~☆
泣いてばっかりののんたんを相手にしても「仕方がないな~」と半分諦めの気分でいられるのですが、こんなときに限って子どもらしくわんぱくなとんきちを見ていると「もうちょっとしっかりして!」なんて・・・。同じようにまだまだ幼い子どもなのに、どうしてもしっかりしなさい~という気持ちが強くなってしまいます。
私もまだまだこの生活に慣れず、ちょっとお疲れ。でも、とんきちだって一緒なんですよね。彼は彼なりにかなり我慢しているのはよく分かっているのですが・・・。
一人で頑張ろうとせず、頼れるものを最大限利用させてもらって、とんきちの負担を取り除いてあげないとね~。
とんきち | URL | 2006/06/09/Fri 21:34 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.