FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大興奮の一日
私の高校時代からの友人が3人の子どもたちを連れて遊びに来てくれました。

5歳の女の子・3歳の男の子・5ヶ月の女の子のママとなった友人、私も2児の母となったのですが、学生時代からよく知っている友人が母となり、お互いの子どもを一緒に遊ばせるのってなんだか不思議。
自分たちが他愛もない話をして盛り上がっているときは学生時代のノリ。でも、振り返ると狂ったようにおもちゃを散らかして大きな声で叫びながら遊んでいる子どもの姿。『私たちも歳をとったね~』なんてことばがでてしまいます。

当のとんきちは、久しぶりに会うお友だちに大喜びの大興奮。3歳の男の子はとんきちと同級生なのですが、とんきちよりも半年小さいので、とんきちはどうしてもお姉ちゃんと遊ぶことのほうが楽しいみたい。
年上のお友だちと遊ぶと、自分のやりたいこと・伝えたいことをしっかり分かってくれるので楽しいんでしょうね。同級生と遊ぶときとは違う満足感が得られたみたい。
ウチはマンションなので、あまりドタバタすると騒音が気になるので、何度も『もうちょっとゆっくり遊びなさ~い!!』なんていいましたが、ノリに乗っている子どもたちにそんなことばが通用するはずもなく、本当に申し訳ない状態でした。
外でエネルギーを発散させようと、公園行きを決めて片づけを頑張ったのに、突然の雷雨。そこでまたボルテージが上がり・・・。

本当に子どもたちのエネルギーって底をつくことがないですね。見ている私たちが思わずフ~ッとため息をついてしまうほど。
とっても濃い一日を過ごしたとんきちは、お友だちが帰った後、気がついたら夢の中。途中、『んふっ』なんて口元を緩めて笑っていました。きっと、お友だちと大ハッスルしている夢を見ていたんだろうな~。
私も仲良しのお友だちと久しぶりのゆっくりおしゃべりで楽しかった~! いい夢が見られそうだわ♪

そうそう、のんたんは大騒ぎの大盛り上がりの中、何もないかのようにグッスリおやすみでした。おまけに15時に授乳をした後、お風呂上りの22時まで欲しがらなかったんです。なんて親孝行な(笑)!
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。