FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
海遊館
海遊館

交通科学博物館を堪能した昨日、実はもう一ヶ所遊びに行った場所があります。

大阪南港にある水族館『海遊館』へ行ってきました。
驚いたことにとんきちにとっての初水族館となったのですが、期待大で出かけたとんきちの気持ちを裏切らない場所となってくれたようです。
交通科学博物館を堪能したあとに行ったのでかなりお疲れだったとんきち。遅い昼食をとったあと、そのままソファでお昼寝・・・。ファーストフードのショップが集まるフードテリアだったので、周りを気にすることなく途中のんたんのおっぱいタイムをはさんで約1時間のお昼寝をしました。

海遊館
今回のお出かけ、思い立ったのが急だったので出かけたのはちょっと遅めの時間でした。海遊館に行くなら早めに出かけないとかなりの混雑が予想されたのですが、今回は思い切って閉館間近に入館することにしました。

予定通り入館したのが18時前。昼間に訪れると入館待ちの人がたくさん並んでいる広場もチケットブースも閑散としていて少し寂しいくらいの静けさでした。
でも、館内を観て回るにはこの上なくいい環境で、どの水槽もガラスにベタッと張り付いて飽きるまで魚たちの姿を観察することができ、とんきちはもちろん私も大満足!

海遊館初水族館というだけあって、目の前に広がる大きな水の世界に釘づけのとんきち。中でも、あしか・あざらしの水槽では、ガラス越しに私たち見学者の姿を見に集まってくるあしか・あざらしを間近で観られたことがとっても嬉しかったみたい。ちょうどとんきちの元へ泳いで集まってきたので驚きと嬉しさでかなりはしゃいでいました。

海遊館他にも、海遊館のマスコット(というには大きすぎますが・・・笑)であるジンベエザメの大きさに驚いたり、映画『ファインディング・ニモ』でおなじみの大きなエイを見ては『ニモのせんせいだ~!』と、人通りが少なくなっていた館内にとんきちの声が響き渡るほど!

海遊館入館直後はグッスリおやすみ中だったのんたんも途中で目を覚まし、ライトの光を受けてキラキラと反射する魚たちの泳ぐ姿を一生懸命目で追っていました。
のんたんにとってのかなり早い初水族館は記憶に残らないことでしょうが、とんきちにいちゃんが繰り返しお話してくれるんだろうな~(笑)!

海遊館これから夏休み本番。どこへいっても子ども連れのお出かけグループがと一緒になるんだろうな~。少しでも混雑を避けて家族で楽しめるよう色々工夫しないといけませんね。

海遊館おまけに来年の夏はとんきちも幼稚園に通っていることでしょうから、今年は最後の気ままな夏。のんたんを抱えてのお出かけはちょっと大変ですが、暑さに負けないよう涼を求めて思い出に残る夏を送りたいものですね。

海遊館

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


これまた楽しんできたようですね(^^)
お魚独り占めっう感じにさせてくれて人の少ない水族館って密かに好きです
とんきち君・のんたんにとって楽しい思い出の1ページですね(^^)
大の字 | URL | 2006/07/17/Mon 06:56 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、今回のお出かけは我慢続きだったとんきちへのプレゼントとなったようです。
私も今までに何度も行った水族館ですが、こんなにのんびりと楽しめたのは初めてでした。やっぱり人ごみってダメですね~。この水族館のよさを初めて感じられたような気がします!
夏の思い出、まずは電車・魚でスタートです(笑)!
ママきち | URL | 2006/07/17/Mon 09:26 [EDIT]
こんなのRICOに見せたら「いいな~」の連呼だと思います(笑)。
昨日、あまりのひどいお天気で家で過ごした我が家。
昔のビデオを見ていたら海遊館が…。小さいRICOもそれなりに喜んでいましたが、やっぱりちゃんと分かるようになってからの方が楽しめるでしょうね。
閉館間際のちょっと寂しげな海遊館へ行ってみたくなりました♪
slo-mo | URL | 2006/07/18/Tue 13:28 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんばんは~☆
小さな頃に訪れた場所、ベビーのときは本人よりも私たち親のほうがメインですものね。大きくなってから訪れると、今度は子どもがメイン。楽しさも喜びも倍以上ですよね。
ウチも2ヶ月のとんきちを九州に連れて行ったのですが、その写真を見て『もういっかいいきたいな~』と言うとんきち。写真の中の自分を見てちょっとうらやましいみたい(笑)!
人気の少ない海遊館、かなりおすすめです! 行くならこの時間が狙い目ですよ~。
ママきち | URL | 2006/07/18/Tue 22:55 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.