FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おふろだいすき




おふろだいすき
松岡 享子 作  林 明子 絵
福音館書店

林明子さんのイラストがとってもかわいらしいとんきちお気に入りのお話。幼稚園の子どもたちと楽しむために購入した絵本で、とんきちにはまだまだだと思い、あえて今まで選ばなかったもの。数ある絵本の中でもキラリと光るものがあったらしく、最近ひんぱんにリクエスト・・・。
あひるのおもちゃプッカとお風呂に入ったまこちゃん、浴槽の中からぶくぶくと珍しいお友だちが・・・。どんどん大きくなっていくお風呂だな、なんて考えるのは私たち大人だけで、子どもたちは次は何が出てくるかワクワクドキドキ。
年長組の子どもたちとは、数を数える場面も大笑いして楽しめたのですが、とんきちとはさすがに無理。ふ~んといった涼しい顔で聞いていました。「あれ、おかしいぞ!」と思える日が突然来るんだろうな、楽しみ。
実はこのお話、在職中に研修の一環として、暗記したんです。絵本を読むのに、相手の顔を見ながらお話できるのが一番いいから・・・ということだったのですが、とってもつらかった~ 覚えてみるとこのお話の長さがにくいっ! でも、子どもたちと絵本の世界を共有できた気がしてとってもいい気分!!

スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


お仕事で絵本を暗唱、そんな事もされてるんですね。本当に園の先生方には頭が下がります。今は運動会の準備で、毎日大変そうですよ。

私、まだこの絵本を読んだ事がないのです。今度図書館で探してみます!
slo-mo | URL | 2005/09/30/Fri 23:04 [EDIT]
KOKOさん
月に一度の研修で、14~5人の職員が順番に発表するんです。普段は絵本ではなく、素話として、昔話などを・・・ 
3ヶ月に一度くらい回ってくる自分の順番前はもう大変!! みんなぶつぶつ念仏を唱えながらあるいてますもん。
でも、あんなにがんばったのも今はいい思い出です。今度はとんきちに・・・と思うのですが、なかなかやる気が起こらず・・・
とんきち | URL | 2005/10/01/Sat 07:42 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.