FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おサルとんきち
元気すぎて爆発しそうなほどの有り余るパワーを持つとんきち。

今日は私の友人がとんきちと同級生のお兄ちゃん・1歳の弟、2人を連れて遊びに来てくれました。
『もうくる?』『ちょっとメールしてみたら?』『おむかえいってみようか?』と、大好きなお友だちが来るのが待ちきれないとんきちは1人そわそわ。

待ちに待ったお友だちがやってきて大騒ぎ!と思いきや、午前中に水泳教室でひと泳ぎしてきたお友だちはちょっとお疲れ。
とんきちの激しすぎる『遊ぼう光線』にちょっと戸惑い、お母さんにベッタリ・・・。
どうもうまく遊べないので、夏の定番『チューチュー』とお菓子でとんきちをクールダウン、お友だちにエネルギー補充をすると、あっという間にモンキーパークの出来上がり!

おサルな2人・・・どこをどうしたらそんなに暴れられるのかと思うほどのはしゃぎぶりにただただ笑うだけの私たち。
友人は一緒に幼稚園で働いていた先生仲間なので、子育てに関しても考え方が似ていて、子どもたちを遊ばせてもとっても気が楽なんです。4歳のお兄ちゃんもとっても子どもらしくってかわいくて大好き♪

何度かふざけすぎて痛い目にはあいましたが、ケンカすることもなく楽しむとんきち。
あまりにもテンションが上がりすぎて、このままではウチの障子やふすま(おもちゃ部屋は和室・・・)が怪我をする恐れがあるので、お片付けをして公園へ。
少しお昼寝をしてご機嫌なのんたん、甘えたい盛りでママにベッタリのかわいい弟くんを連れての公園は、おサルな2人にピッタリでした。
遊び始めた途端、サンダルを脱ぎ捨て公園中を駆け回り、滑り台では狂ったかのように上り下りを繰り返し・・・。
たっちもあんよもまだな弟くんも片足ハイハイで砂まみれになって大喜びでした。

汗まみれ・砂まみれになった身体をシャワーですっきり洗い流すと、バイバイの時間。
盛り上がりも最高潮!というときにやってきたお別れにちょっと不満顔でしたが、今度は遊びにいくね~と笑顔でバイバイできました。

2人目が小さいのでまだまだゆっくりおしゃべりを楽しんで、なんてことはできませんでしたが、肩の力の抜けた楽しい一日でした。
遊び疲れたとんきちは、夕食のマカロニのミートソースかけを頬ばったかと思うとバタンッとテーブルにうつぶせておやすみ・・・。
楽しい一日、どんな夢を見ているのかな~。寝付いてすぐはなんだかゴニョゴニョと寝言を・・・(笑)!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


気の合う友達の子と自分の子が仲良く遊んでいる姿って
見ていてホント嬉しい光景ですよねぇ~
それに同じ年の子と遊ぶのもお互いを刺激しあうようで
成長して行く姿が見て解りますし、楽しい1日だったんでしょうねぇ

とんきち君は夢の中で第2ラウンド始まりかな(^^)
大の字 | URL | 2006/08/29/Tue 07:03 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、おはようございま~す*
本当に楽しく、安心して遊ばせられる一日でした。
私たち、子どもは子どもで・・・と、少々もめても知らん顔。やった・やられたなんていうもめごとのときにも自分たちでどうにかしなさいよ~という感じなんです。
親の顔色を伺って控えめに遊ぶなんて楽しくないものですね。
この日ばかりは『いい加減にしなさい!』の私の声も耳を素通り。家のなかが壊されるか、子どもたちが怪我をするか、どちらが先かというくらいのはしゃぎぶりでした!
ママきち | URL | 2006/08/29/Tue 09:32 [EDIT]
おはようございます♪
こんなお兄ちゃん達に喜んでついていきそうなチビ怪獣です。
でもお別れの時間は寂しいですよね。
ちゃんと笑顔でバイバイできて感心感心。
姫は泣いたりバイバイも出来なかったり、大変でした。
hiroko | URL | 2006/08/29/Tue 10:45 [EDIT]
hirokoさん
hirokoさん、こんばんは~☆
まだタッチもできない弟くんも大喜びでついて回っていました。
でも、ちょっと身の危険も感じるようで、激しい遊びの時には遠巻きにニコニコしながら眺める程度。きっと、お家でもお兄ちゃんの遊び相手にさせられているんだろうな~(笑)!
このお友だちとは赤ちゃんのときから仲良し(おなかにいるときからかな~)。とっても活発なのでとんきちもいい刺激をもらえるみたいで大好き。
男の子は『もっとあそびたい・・・』と思いつつも結構あっさり。女の子の方が感傷的になるんでしょうね。
ママきち | URL | 2006/08/29/Tue 20:32 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.