FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
にぎにぎ・・・
タオル地の人形のんたんの胸の上にはいつもタオル・ガーゼが置いてあります。

友人の子どもは4ヶ月の頃からとっても上手に胸の上のガーゼで1人遊びをしていました。1人、ガーゼの上げ下ろしをしたり、目の前にピラピラと広げては歓声を上げて楽しむ様子は、赤ちゃんとは思えないほどの遊び上手。
どうやって?と尋ねたところ、おもちゃだと投げてしまって届かなくなることが多いのでいつでも体の上のどこかにおいておけるガーゼを渡していただけ・・・ということ。

のんたんにも実践!ということで始めたのですが、2ヶ月ほど経った今では少しにぎにぎして遊べるようになってきたかな~。
でも、ただのガーゼではちょっと寂しいなと思っていたときに、お気に入りのショップ、ボーネルンドでタオル地の人形『おしゃぶりタオル』が置いてあるのを見つけました。
『欲しい!』とすぐにレジに・・・持っていくのをグッと我慢して、自分で作ってみました。


タオル地の人形顔・体はとんきちのベビー服。いいものではなかったので襟ぐりが延びてしまって、のんたんには着せられない。でも、ベビー服なので素材は柔らかく、最適!ということで切っちゃいました。
洋服は私のおさがり。綿ニットの薄手のセーターを使ってみました。
ボタンなんかは一切使わず、顔のパーツは刺繍。
これなら、口に入れても大丈夫だし、ジャブジャブ洗えちゃいます。
のんたんはなんだか『おおっ!』という顔をして、気が向いたら握ってくれます。
予想外にとんきちの反応が・・・。とっても気に入ったようで、ギュッと握って離さないんです。自分のおもちゃコーナーに隠してしまったり・・・。
これは早くとんきち用のものも作らなくては! リクエストは茶色のクマさん。家中を探していい布を見つけなくては(笑)!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


~~~ヾ(^∇^)おはよございます♪
素敵なものを作りましたね。
そのまえに『おしゃぶりタオル』という物があることすら知らなかったです。
とんきちくんが欲しくなるのも分かる可愛さです。
ママの愛情もたっぷり入っているし、すごいの一言ですませて良いのかな?
でも言葉が見付からない(もともと文章書きは苦手なもので…)。
hiroko | URL | 2006/09/02/Sat 07:21 [EDIT]
hirokoさん
hirokoさん、おはようございま~す*
私もこのおしゃぶりタオルは初でした。
たまたま立ち寄ったときに見つけて、いつもおなかの上にガーゼを置いているのんたんにはピッタリかと・・・。でも、なんだか作れそう~なんてことを思っちゃって。
ちょうど図書館で手作りのぬいぐるみの本を借りてきていたので、挑戦! 不格好なのがまたいいということで、とっても簡単にできました。
お褒めのことば、ありがとうございます♪ 嬉しい~!!
ママきち | URL | 2006/09/02/Sat 07:27 [EDIT]
あらあら、またかわいいウサギちゃんを作られたのですね♪
数ヶ月前にのんたんを産まれたばかりとは思えない~。
のんたんは夜中ぐっすりですか?Naoは日中はぐっすり、夜はグズグズ攻撃…と退院して1週間、すでに寝不足の私です。来週水曜日にはMinatoも帰ってくる予定なのですが、体力面で不安が~。
自分で遊べるようになるのはまだ先かな…(^^;)。
slo-mo | URL | 2006/09/02/Sat 09:01 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、お疲れさまです☆
のんたんは退院直後から夜は静かに眠ってくれる子でした。始めはもちろん3時間おきの授乳でしたが、今は一旦寝てしまうと6~7時間は寝てくれるかな。
しっかり寝たあとはやっぱり3~4時間で起きちゃうんですけれども、入浴後からの数時間が私にとっての唯一の休憩時間です。
とんきちのときは、胸が張って途中で搾らなくてはいけなかったのですが、今回はちょうどいいという感じで、とっても楽をさせてもらっています。
NaoちゃんもMinatoくんも今はいっぱいおっぱいを飲んでスクスク大きくな~れ!ですね。欲を言えば、夜だけはゆっくりお休みください・・・ですが(笑)。
双子ちゃんは一緒に寝てくれるのかな~。ベビーが寝るときにママも一緒に・・・と言いますが、KOKOさんはどうでしょうね。
あ~、ホントお近くだったらお手伝いに行くのに~!! なんて、それほど頼れる私ではないのですが・・・。
ママきち | URL | 2006/09/02/Sat 23:32 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.