FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どもの世界
短大時代の友人が子どもを連れて遊びに来てくれました。

今回やってきたのは2歳と7ヶ月の姉弟、6ヶ月の女の子。
とんきちは2歳の女の子と意気投合して大騒ぎ。前回遊んだときは人見知りでママにベッタリだったのですが、今日はとんきちのことを覚えていたのか初めから仲良し。何度かおもちゃの取り合いがあったみたいですが、もめることなく絶えずケラケラ笑い声をたてていました。
のんたんはベビーグループの中では一番のおチビさん。でも、一番どっしりと構えていたような・・・。
お座りができる男の子、ハイハイができる女の子、寝返りのできるのんたんと三者三様でしたが、三人集めると何かを感じるのかちょっとした関わりが持てて、見ているのがとっても楽しかったです。気を抜くと指があらぬほうへ飛んでいくので要注意なのですが・・・(笑)!

10月から6ヶ月ベビーのママは復職するので、こんな風にのんびり集まることができるのも当分先になるかな~。
かわいい盛りのベビーちゃんを保育所に預けて働きに出るのはとっても大変! 友人本人も『やめればよかった~』なんて言っています。
友人の勤務先は病院内の保育所。看護士さんたちのお子さんを預かるところです。

世間では働くお母さん方を助けるための保育所のサービスについて色々といわれていますが、お子さんを預かる側の保育士たちもそれぞれ子どもを持っているわけで、他人の子どもを見るために自分の子どもを他人に託す、というなんとも寂しい思いをしています。
実は、私が仕事をやめて主婦をしているのもそういったことがあったからです。

わが子が熱を出しても保育所の保育士に余裕がなければ休めないし、勤務先に連絡があってもなかなかお迎えにいけなかったり・・・。
何よりも大切なわが子を自分の手で守ることができず、他人のお子さんを我が子のようにかわいがることができるかな・・・ということを考えたときに?の気持ちがあったんです。
でも、友人の中にはしっかり割り切ってたくさんの子どもたちの母として毎日がんばっている人もいます。
『どう?』と聞くと、『寂しいけれども、その分休日に命いっぱい触れ合うよ~』と少しの間離れることによって愛おしさが倍増するみたい(笑)!

でも、保育所に通う子どもたちがかわいそうだなんて思ったことはありませんよ。
保育所という社会にでて、たくさんのお友だちと触れ合い、たくさんの保育士というお母さん(お父さん)に愛される子どもたちは、家に閉じ込められて『待って!』と私に言われ続けているとんきちよりも幸せでしょうね~。
そう思うと、日々の生活を反省するのですが、『のんたんがいるから・・・』とベビーのいる生活は忙しいという暗示にかかって、ついつい楽をしている私です・・・。反省!

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


(*・ェ・*)ノ~☆こんばんわ★彡
保育士さんのお子さんが同じ保育園に通っているのは殆んどといってないですよね。
一緒だと親も子もやり難いんでしょうか。
どちらを選択しても色々と大変な事はありますよね。
私みたいに外出でると疲れて家事が疎かになるタイプは専業が良いみたいです。
ママきちさんはそのうち復帰を考えているんですか?
私は当分なさそうですが、その頃になったら年齢的に雇ってくれるところがあるかしら???
hiroko | URL | 2006/09/22/Fri 21:51 [EDIT]
ママきちさんのような方がユウタが言っている保育園に居られたらホント頼もしいですよ~
自分の目から見てもユウタの通っている保育園って子供が好きで保育士を選んだ方と残念ながら仕事として選んだ方が居るんですよ~
やっぱり話をしても全然違う感じです、後者の方は面倒見てあげてると言う空気が出てますもんねぇ~
とんきち君・のんたんが羨ましいなぁ~
大の字 | URL | 2006/09/23/Sat 05:44 [EDIT]
hirokoさん
hirokoさん、こんにちは~*
すっかりお返事が遅くなってしまいました。ごめんなさいね~。
保育士とその子どもが一緒の保育所に・・・というのは、本人たち以上に同じ保育所に通うほかのお子さんたちの気持ちを考えるとちょっと難しいですよね。
年齢が上の子どもでも、お母さんと一緒にいたいと思う気持ちはあるのに、クラスメートはすぐ近くにお母さんがいるなんていうのはつらいだろうし・・・。
ただ、友人は、院内保育所で近くにお母さんがいる子どもを預かるのに、自分の子どもは遠いところで・・・というのが私的には寂しいな~と。
復帰。もしがんばるとしても、のんたんが小学生になってからかな~。私の職業は子どもたちと同じように夏・冬・春休みがあるのですこしやりやすいかも・・・。
でもね~、ラクチン主婦をしているので世間にもまれることはもう無理!かも(笑)!
ママきち | URL | 2006/09/24/Sun 15:43 [EDIT]
大の字さん
大の字さん、こんにちは~*
すっかりお返事が遅くなってしまいました。ごめんなさいね~。
子どもを相手にする仕事ってやっぱり大変ですものね。はじめは子どもが好きだから・・・という気持ちで選んだ仕事でも、かわいいだけではやっていけないですからね~。
やってほしいというこちら側の気持ちとやりたいという子ども側の気持ちは=にはならないですから、イライラする気持ちが生まれることも・・・。
でも、大切な子どもを預ける以上、愛情だけはしっかり持っていてほしいですよね。子どもって敏感だから、愛されているか、邪険に思われているか、意識しなくても感じ取っているでしょうし・・・。
とんきち・のんたんにとっては唯一の存在である私。いつまでもギュッと飛び込んできてくれると嬉しいな~。
ママきち | URL | 2006/09/24/Sun 15:51 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。