FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
もちづきくん


もちづきくん
中川 ひろたか 作  長野 ヒデ子 絵
ひさかたチャイルド


イベント目白押しの12月1月。なんでも体験させてあげたいのですが、こればかりは自宅でするのは難しくってなかなか・・・というものがお餅つき。
そんなお餅つきの様子を楽しく描いたお話。

もちづきくんはおもちつきやさん。
今年もお正月が近づき、猫の手も借りたいほどの大忙し。そこで、今年はお供に猫を従えてお餅つきの出前に町に出かけました。
『おもちつきのでまえサービスもちづきです。おもちつきますよー。』
威勢のいい声で町にやってきたもちづきくんをみんなは待っていました。
さあ、いよいよもちづきくんの腕の見せ所です。
もち米をふかすところから始まる餅つき出前サービス。お供の猫も大忙しでお手伝い。『ぺったん ぺったん』『こねこねこ』と息の合った餅つきを披露する2人。初めてとは思えないほど・・・。
協力してついたお餅、おいしくできたのかな。

私は子どもの頃毎年お餅つきをしていました。そう、もちづきくんのようにせいろでもち米をふかすところからです。一人前に杵を持ち、できたてのお餅をみんなで丸めて・・・パクリ!
残念なことにとんきちは体験したことがなく、テレビなどで見聞きして知っているだけ。でも、このお話はそんなとんきちでもお餅つきをした気持ちになれる、とっても楽しいお話。終わるとすぐに『すご~い!』なんて声が上がっていましたもの。
楽しいお餅つきの後はみんなで丸める作業。なんでもみんなで一緒にするのが楽しいんだという雰囲気が伝わってきます。
私的にはさすが餅つき屋さん!という感じの立派な身体をしたもちづきくんがはっぴを脱いだところがスキです(笑)!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


岳チンは保育園でやりますよ
私も小さい頃、田舎の親戚の家で1回経験したくらいです。
でも、つきたてのお餅の美味しさは格別ですよね。
岳チンは、毎年2月に保育園で餅つきがあるので、もう3回経験してます。
とても美味しいみたいで、おかわりいっぱいするらしいですよ。

「もちづきくん」っていう題名、なかなかオシャレなネーミングなんですね。
こうやってママきちさんの本の紹介を見てると、いかに私が絵本を知らないか思い知らされます。これからも、たくさん紹介して下さいね。楽しみにしてま~す。
nyannori | URL | 2006/12/10/Sun 22:41 [EDIT]
nyannoriさん
nyannoriさん、そうですか。餅つき体験はそんなにないものなんですね。
子どもの頃に毎年のお正月(年末)恒例イベントだった+幼稚園に勤めていた頃毎年の恒例行事だったのでとっても身近なイベントです。
そういえば、幼稚園の子どもたちも大喜びでした。本当は苦手なんだけれども・・・なんて子までもちょっと一口!ということもあったな~(笑)。
nyannoriさんよりも経験豊富な岳チン、餅つきの機会があったら頼れる即戦力になりそうですね。ん~、でも、食べる専門かな(笑)!

nyannoriさんにこういってもらえるのでますます絵本探しに力が入っちゃいます。絵本を楽しむ時間だけがとんきちとの唯一の静かな時間になっている我が家。これからも2人っきりの時間として大切にしていきたいです。ぜひ、nyannoriさんも!
ママきち | URL | 2006/12/10/Sun 23:08 [EDIT]
私も小さい頃から、子供会やらご近所とのイベントで毎年餅つきをしていました。つきたて一番は鏡餅。その後みんなで小さく丸めて昼食にパクリ!結婚以来ご無沙汰していましたが、今年は引越先の町内会のイベントで久々に体験しました。娘は先日幼稚園でもやりました。お土産で私までご相伴に預かりましたi-235
そんなわけで「もちづきくん」読んだら絶対喜びそう!
piroko | URL | 2006/12/11/Mon 23:10 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.