FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ゆきがやんだら


ゆきがやんだら
酒井 駒子
学研おはなし絵本


『よるくま』の酒井駒子さんのお話。
まだもうしばらく雪が降る日までは遠そうですが、しんしんと雪の降る静かな日に親子で楽しみたい暖かなお話。

今日は園がお休みの日。なぜかって、それは雪がいっぱい降って、園バスが動けなくなっちゃったから。
寝てていいよっていうママだけれども、ボクは寝てなんかいられない! ベッドを飛び降りて靴を履こうとしたんだけれども、『かぜひいちゃう』とママがダメだって。雪が止むまでダメなんだって・・・。
でも、ママがお皿を洗っている間に内緒でベランダに出たんだ。そうして急いで雪のお団子を作った。
お昼を食べても、おやつを食べても止まない雪。遠くでお仕事をしていたパパは飛行機が飛ばないから帰ってこれないって・・・。
ママと一緒にベランダから外を眺めた。寒く、静か。聞こえるのは雪のサラサラ降る音だけ。

静かな雪の日のなんとなく寂しい一日を描いたお話。いやいや、寂しいだけのお話ではありませんでした。
とんきちも『ゆきのおはなし♪』なんてウキウキしていたんですが、流れる雰囲気にちょっとまじめ顔。このままおしまいかな~と思ったところで子どもの心をしっかりと分かってくれるママの優しさに感激でした。
私、同じことできるかな~、と考えてみたのですが、やっぱりできないだろうな。楽しみにしているのは分かっているけれども、やっぱり『もう夜だから・・・』なんて大人な答えをしてしまうんだろうな。
嬉しくってはしゃいじゃう子ども心をしっかり分かってあげるお母さんでいたいものです。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.