FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ぞうのエルマー・・・


ぞうのエルマー"1" ぞうのエルマー
デビッド・マッキー 文・絵  きたむら さとし 訳
BL出版


雑貨屋さんなどで目にする機会の多いキャラクター『エルマー』。
実は私、今までお話しとして触れ合ったことはなかったんです。私にとっての『エルマー』のお話は、ルース・スタイルス・ガネット の『エルマーとりゅう』シリーズだったんです。
今回このお話を手にとったのにはちょっとした理由があったんです。理由はまたいつの日か・・・(笑)。

ここはジャングル。たくさんの動物たちが住むジャングルにはたくさんのぞうたちもいます。みんな同じぞう色をしたぞうたち、年齢や体型に違いはあってもみんな幸せでおんなじぞう色。そう、エルマー以外は・・・。
エルマーだけはみんなと違っていたんです。エルマーはパッチワークのぞうなんです。黄色・オレンジ色・赤色・ピンク色・・・とってもカラフルなエルマー、ぞう色じゃないぞうがエルマー。
みんなと違う色をしたエルマーですが、とても楽しいぞうなのでみんなの人気者。エルマーがふざけて楽しむ姿を見ていると、他のぞうたちもついつい一緒にふざけてしまいます。だから、エルマーの周りはいつもニコニコ顔でいっぱい。
毎日楽しく過ごすエルマーですが、気になることがあってちっとも眠れない夜がありました。『どうしてぼくだけみんなとちがうんだろう』。
自分だけがパッチワークのぞうであることを不思議に感じて、みんなが笑うのはそのせいなのかも・・・と考えていたのです。
そこで他のぞうたちが起きだす前にひとりこっそり出かけることにしました。あるひとつの考えを胸に・・・。

ずっと以前から言われ続けていること『みんな一緒がいちばんいい?』という横一列に並び、他人と違うことを嫌う私たちの考え方に?を投げかけるお話でした。
最近では小学校入学時に好きな色のランドセルを選ぶことで個性を発揮する、なんていわれていますが、実際には奇抜な色を選ぶとなにかと目立ちすぎ、良くも悪くも指差しされる・・・なんていう話も耳にします。
私自身、人と一緒じゃないと落ち着かないというのとは正反対のタイプで、自分が決めたのならそれでいい、納得しないのにそろえるのはちょっと・・・なところがあるので、『おててつないでせ~の!』と足並みそろえることが苦手でした。もちろん、協力することはしっかりしますし、そろえないといけないときには納得してみんなと一緒になんでもやります(笑)!
アンデルセンの『みにくいあひるのこ』と通じるこのお話。聞いていたとんきちは『エルマーのほうがきれいでいい!』とエルマーの姿をちょっとうらやましそうにもしていましたが、集団生活をするようになると少しずつ考え方も変わっていくのかな。
何も目立ったことをする必要はないと思うのですが、自分で『これがイイ!』と決めたこと、見つけたことにはしっかり突き進んでいってほしいものです。みんなと違うところを『唯一の素敵なもの』として大切にできる心を持ち続けてくれることがいちばんの願いかな。


エルマーいろいろ

エルマーのともだち

ぞうのエルマーシリーズはお話を楽しむものですが、小さな子どもたちには色・言葉を楽しむこちらがオススメ。
のんたんももう少し大きくなって、絵本に食らいつくことがなくなったら一緒に楽しみたいです。赤ちゃん絵本といって適当にはお話できないですよね。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


ママきちさん、こんにちは~!
エルマーのお話、私も読んだことありませんでした。そういうお話なのね~。
私も自分の子には、人との違いを楽しめる子になってほしいな、と思います。私の育ってきた時代に比べていろんな価値観、環境で育った人と関わりあうことが多くなると思うけど、人のいいところ、自分のいいところを認めて、世界を広げていって欲しいなと。暖かい見守りも必要ですよね。
piroko | URL | 2007/02/06/Tue 11:51 [EDIT]
pirokoさん
pirokoさん、これはオススメですよ。
『みにくいあひるのこ』は定番ですが、この『ぞうのエルマー』は色合いがとってもPOPで絵本をインテリアとして飾っておいてもいい感じ♪
自分らしくありつつ、周りの人と合わせることも忘れずに・・・というのは本当に難しいことですよね。口では簡単にいえますが、実践するのはかなり難題。
私もとんきち・のんたんに自分の思いを大切にする心は持ち続けて欲しいと思います。人に合わせつつも、やっぱり己が基本ですから・・・。
ママきち | URL | 2007/02/06/Tue 22:01 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.