FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
ぼくのおべんとう・・・


ぼくのおべんとう
スギヤマ カナヨ さく
アリス館


お世話になっている皮膚科においてある絵本で、受診するたびに手にとり、『よんで~!』というとんきちお気に入りのおはなし。
姉妹版に『わたしのおべんとう』もあり、どちらもお気に入り♪

大好きなおべんとう。
『パカーン』という効果音とともに開けたおべんとう箱の中身は、ぼくの大好きなおかずがいっぱい!
ひとつひとつおいしく食べて、お友だちとおかずトレードもして、大満足の時間。
お母さんが作ってくれたおべんとう、大好きなおかずに昨日の残り、アッと驚く仕掛けもあり、やっぱりおべんとうは最高!
ピッカピカになったおべんとう箱。最後はしっかり『ごちそうさまー』。

まるで自分がおべんとうを食べているような、そんな幸せな気持ちになりながら楽しんでいるんでしょうね。
目がなくなるくらいニコニコとした顔で喜ぶとんきちを見て、子どもにとってのおべんとうは『スペシャル』なイベントなんだな~と改めておべんとう作りに気合を入れちゃいます(笑)。
本当はやめて欲しいんですが、やっぱり仲良しのお友だちと『みてみてみて~!』と見せ合いっ子も楽しいんですよね。『おいしそう~♪』といってもらえるようなおべんとうを作って、とんきちに『えっへん!』と胸を張ってもらわなくては(爆)!!



 



だいじな、だいじな!
ジョナサン・ラングレー さく  まつかわ まゆみ やく
評論社


最近とんきちは『いぬがかいたいな~』『ねこがかいたいな~』と動物が飼いたくて仕方がない様子。
マンション住まいなので、なかなか難しく、小動物なら・・・とパパきちとも相談しているところ。
このおはなしでとんきちの『やっぱりおおきいのが・・・』な気持ちに火がつかないかしら・・・(笑)。

デイジーと猫のルパンはとっても仲良し。
幼稚園に通うデイジーをお家で待つルパンは、帰ってくるデイジーを道の角までお出迎えに行きます。
夏休みになり、デイジーの幼稚園もお休み。でもそのことを知らないルパンはいつもどおりの生活。散歩にひなたぼっこ、そして、デイジーが帰る時間になるといつもの角でお出迎え。でも、デイジーが帰ってきません。
デイジーも忙しい午前中を過ごし、ルパンのおやつを用意、『ルパンどこ?』。
道の角で待ち続けるルパン。ルパンのお気に入りの場所を探すデイジー。
それぞれが『・・・だったらどうしよう!』と心配で心配でたまりません。あちこちを探し回りますが、なかなか見つからないデイジー・ルパン。
仲良しのふたりはお互いの姿を見つけることができるのでしょうか。

ちょっとドキドキするお話にとんきちも『えっ?!』とクギ付け(笑)。
誰でも、大好きな人の姿が見えないと不安になるもの。普段と違う生活になると『いつもといっしょ・・・』がうまくいかず調子が狂っちゃう。
そんな気持ちをとても優しく描いたお話に私も楽しませてもらいました。
お互いを思いやる気持ちを持つことはとっても大切。
とんきちご希望のペットを用意することはできそうもないですが、幼稚園に通うとんきちの帰りをルパンのように心待ちにしているのんたんの存在をしっかり感じて欲しいな~。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.