FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
わっこおばちゃんのしりとりあそび


わっこおばちゃんのしりとりあそび
さとう わきこ さく
童心社


お話を楽しめる絵本もいいけれども、たまには遊び絵本もね・・・。

ばばばあちゃんでおなじみのさとうわきこさんの楽しいイラストでしりとり遊びが楽しめる絵本。
息抜きにはちょっと難しい迷路もあって、『よんで~!』なリクエストなく、子どもが自分で楽しめちゃう絵本。

図書館で借りたこの絵本。絵本棚に並んでいるのを見て、『わ~、こんなのあったんだ~!』と即飛びついたとんきち。
ブツブツ声に出してしりとり遊びを楽しんだり、指を使って迷路遊びに熱中しています。
『ねえ、できるようになったからみてて!』という迷路遊びは、複雑な迷路なのに、攻略するための道筋を覚えてしまったほど・・・(笑)。
『絵本=お勉強の道具』にせず、『絵本=楽しいおもちゃのひとつ』になるのもいいですよね!
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


ユメくんも迷路遊び好きですよ~。
紙にぐちゃぐちゃぐちゃ~って線を描いては、私に「これゴールまでいけるぅ?」とよく言ってきます。
仕掛けの絵本や今回のような本も楽しくていいですよね~。
とんきちくんの絵本好きは、まさにママきちさん譲りかな(^^)
ユカチャン | URL | 2007/05/19/Sat 00:11 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、おはようございま~す*
とんきちが迷路を理解して楽しめるようになったのはつい最近なんです。
きっと、これからユメくんのように自作迷路遊びなんていう楽しみ方を知って、はまるんだろうな~。私も子どもの頃、いろいろと複雑な迷路を作って遊んだ記憶があります。
仕掛け絵本も楽しいですよね。なかなか自宅用に買うことはないのですが、書店で特集されているときは片っ端から立ち読みならぬ、立ち遊び(笑)させてもらっています。子ども用に・・・というにはもったいないくらい精巧なつくりのものも多く、お値段も高めなのにビックリ!
実生活で体験することができないようないろいろなことを絵本の世界で楽しんで欲しいです。これからはのんたんも絵本好きに!ともくろんでいます(笑)。
ママきち | URL | 2007/05/19/Sat 08:37 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.