FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
たのしみ!!
絵本が好きなとんきち、同じく絵本が好きな私、出来る限り絵本を読んで一緒に楽しい時間を過ごしたいな~と思っています。

以前、実年齢よりも上の子どもを対象にした絵本は早くに与えるべきではないと教わったことがあります。
焦って早くにたくさんの絵本を与えなくても、簡単なお話を何度も何度も繰り返しお話しすることのほうが、とても濃い充実した時間が過ごせるということです。

とんきちにもなるべく分かりやすい内容、イラストのものをセレクトするようにしていますが、何度か冒険してみたくなって、ちょっと難しいもの(対象年齢が上のもの)をお話ししたことがあります。

反応は明らかでしたね。最初は『なんだろう』と興味を持って聞いてはいるのですが、すぐに飽きてしまう。表現方法にとんきちがついてこれないのです。ことばが難しいということもありますが、今のとんきちの年齢ではまだまだ面白さがつかめないといった感じ。

そのときは本当に後悔しました。あんなに絵本の好きなとんきちが明らかに『おもしろくない』を全身でアピールしたのですから・・・

そのときから私は、『読みたいな~』という欲求を胸の中にぎゅっとしまいこみました。
そして、とんきちが心から楽しめる絵本を探そうと、せっせと図書館に通っています。

そして、本棚には私の『読みたいよ~』の気持ちを受け止めじっと待つ絵本たちの姿が・・・。
そんな絵本を何冊か紹介します。
どれも私が年長組さんの子どもたちと楽しんだ絵本です。




まゆとおに
シリーズで出ているお話。イラストも好きだし、とっても素直なまゆがかわいらしくて、子どもたちにも大好評のお話。
怖い存在を面白おかしく描いているので、『へ~』という驚きで楽しんでいた子どもも・・・。














たんたのたんけん
このたんけんマップを使ってリトミックを楽しんだほど、私にとってはお気に入り・思い出のお話。
特に男の子はたんけんが大好き、自分も一緒に行動しているような気分になるのか興奮してしまう一冊。
読み聞かせの本に挑戦し始めたときに、毎日少しずつお話して楽しめたお話。










はじめてのキャンプ
きっと、誰もが知っているであろうおなじみのお話。大きいお兄ちゃん・お姉ちゃんと同じことがしたい!、出来る!とがんばる子どもたち、そんな子どもたちがなんだかドキッとしてしまうような、とっても身近なお話。
親を抜いてのお泊りという未知の体験を楽しむ様子がとてもかわいらしく、文句なしの人気作。










ちいさいおうち
数社から出版されているお話。私的にはゆっくりイラストを楽しめるので岩波書店のものがお気に入り。
田舎ののどかな景色が大都会の街に変わっていく・・・というお話の中に描かれた1軒の家の姿。子どもたちにはあまりなじみのないことかもしれないけれども、自分の好きだったものがどんどんなくなるという悲しさだけはしっかり伝わるみたい。
華やかなお話ではないけれども、ゆっくり落ち着いて楽しめる作品。






どの絵本も誰もが知っていそうなおなじみのお話ばかりですが、今のとんきちには面白くない退屈なだけのお話。
時には、こんなお話読みたいな~と思う母でした。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


おはようございます!私もRICOにまだ早い絵本を本棚で温めた経験ありです~!で、ある日自分から絵本を持ってきて、読んで欲しいとせがまれ、読んだ時!すごく喜ぶんですね。ああ、こう言う内容が楽しめるようになったんだ、と感慨深く思ったものです。

とんきちくんもあっという間にそう言う日が来るんでしょうね。
slo-mo | URL | 2005/10/20/Thu 07:30 [EDIT]
KOKOさん
子どもたちって字が読めないぶん、イメージでお話を楽しんでいるので、理解不能なことばを続けられるとお話をシャットアウトしてしまうみたいですね。
そして、お話の最中に落ち着きがなくなったり、全く興味を持たなかったり・・・。

『ぐりとぐら』シリーズをとんきちが楽しめるようになったとき、成長を実感するんだろうな。
今でも、イラストがかわいいからか、たまにもってくるのです。でも、最後まで聞けないな~
『楽しい』という思いで絵本を選んできてくれる日が楽しみです。
とんきち | URL | 2005/10/20/Thu 13:08 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.