FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バムとケロのさむいあさ・・・




バムとケロのさむいあさ
島田 ゆか 作/絵
文溪堂

少し季節を先取りした冬のお話。
寒い朝、凍った池でスケートをして遊ぼうと出かけたバムとケロ。でも、そこで待っていたのは、池の水と一緒に凍ってしまったあひる。凍ったままのあひるを家に連れて帰り、暖めてあげるバムとケロ。
このあひるがケロちゃんと仲良しのかいちゃん。
いつもバムに助けてもらっているケロは、弟分が出来たみたいで大喜び。何をするのも一緒にしたい。でも、かいちゃんはやっぱり・・・。
とんきちは、ハチャメチャな行動のケロがお気に入り。何してるの~と絵本をぐっと近づけてみたり、「おかしい~」と笑ったり・・・。
私は、メインの2匹以外に描かれているバックのイラストがお気に入り。細かいところまで面白く描かれているな~と思わず見とれてしまいます。










せんろはつづく
竹下 文子 文  鈴木 まもる 絵
金の星社

かわいい子どもたちがレールをつないで、大きな線路を作るお話。
トンネル・踏切・鉄橋・・・と線路には欠かせないパーツもしっかり作る。
とんきちは、お友だちの家でこの絵本を始めてみたときから釘付けに。購入して我が家にあるわけではないのに、もうほとんど暗記してしまっています。
きっと、自分もこの子どもたちの一員になったような気持ちになっているのだろうな~。
それにしても・・・ どうして男の子はこうも乗り物好きなのでしょう。恐るべし、遺伝子!!










ちいさいしょうぼうじどうしゃ
ロイス・レンスキー ぶん・え  
わたなべ しげお やく
福音館書店

もう今までに何度読んだことでしょう。そんなことを思ってしまうくらい、我が家ではおなじみのスモールさんのお話。
今夜は、ほかにもたくさんの絵本をセレクトしたとんきち、ただ、ちょっと数が多かったので、減らすようにいうと・・・。
「絶対にこれは読んでよ~。これはいるんだから~」とウルウルした目で訴えてきました。
我が家は隣に消防署があり、消防自動車を見る機会がとてもたくさんあります。ただ、スモールさんの乗っているようなクラシカルな消防自動車はないので、とんきちはちょっぴり不満。
だからこの絵本をみると、本当に嬉しそう。「やったね!!」なんていいながら見ています。
私的には、この消火風景を見るたびに頭の中は?でいっぱい。鎮火したばっかりなのに家具を持って入るの?・・・ なんて、大人っていやだな~。 

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。