FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
おいもをどうぞ!・・・


おいもをどうぞ!
柴野 民三 原作  いもと ようこ 文・絵
ひかりのくに


ひとりっこの時間が長かったとんきちは、おいしいものを口にすると『ひとくちわけてあげるよ!』なんてあ~ん!をしてくれます(笑)。
そして、今はまだ、自分のものだけでなく、とんきちや私たちのものまで奪おうと必死になるのんたん。これからどんな風になるのかな?
やっぱり、おいしいものは分けっ子して一緒に味わうのが一番ですよね!

くまさんの畑でおいもがどっさりとれました。
大収穫に大喜びのくまさんですが、『ひとりでたべてはもったいない。おとなりさんにもわけてあげましょう。おいもがだいすきだから。』ととれたおいもを半分お隣さんにあげることにしました。
もらったのはぶたさん。そして、ぶたさんも『もったいない。わけてあげましょう。』とこれまたお隣さんに半分分けてあげることにしました。
次にもらったのはたぬきさん。そうして、たぬきさんも・・・。
くまさんがお隣のぶたさんに分けてあげたおいも、もらったお隣さんはみんな大喜びでお隣さんに半分分けてあげます。
くまさんのおいもはたくさんのお友だちのところへもらわれていきます。半分ずつしているので少しずつ少なくなってはいるけれども、それでもみんなお友だちがおいもが大好きだから・・・と分けてあげます。
くまさんがぶたさんにあげたおいも、一体誰のところまで分けっ子できるのかな。

なんとも心温まるお話。
せっかく分けてもらったのに、『~さんがすきだから』なんて、すぐにお友だちに分けてしまう優しい心を持った仲間たちの姿に、とんきち以上に私(そして、パパきちも!)のほうが癒されました。
少しずつおいもの量が減っていくのだけれども、そんなことお構いなしで、『どうぞ!』とおすそ分け。お友だちの喜ぶ顔を見ることが何よりいちばん!な素敵な仲間っていいですね。
これからのんたんが成長するにつれて、とんきちとの取りあいっ子・・・なんてことが起こるんだろうな。4歳違い・・・トラブルは少ないのでしょうが、やっぱり子どもは『じぶんがいちばん!』な人たち。
心のホンの片隅に、相手を思いやる気持ちを、いつでもどんなときも大切にできるようにしてほしいな~。


スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


本当に心温まるお話ですね~。
みんなで分けるっていいことですもんね。
ユメくんも最近はイオくんにちゃんと分けてくれます。
残り少なくなったものは・・・ダメ!って時もありますが(^^;)
兄弟であ~んっなんてやってるときは、ホント可愛くて癒されますよね。
ユカチャン | URL | 2007/07/09/Mon 22:44 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんにちは~*
兄弟姉妹のいるお家では頭を抱える問題ですよね。
ユメくん・イオくんのように、優しく分けっ子をしてくれるといいのですが、どうにかして自分のものにしようとしてもめごと勃発!なんてことも多いんだろうな。
私は長女だったので好きなものは最後に食べる派、弟は私に狙われるので好きなものから食べる派でした(笑)。それでも、ドーナツやおいしいパンなんかは家族みんなで分けっ子して色々なものを食べていたな~。
この分けっ子の食べ方、今ではパパきち・とんきちともしてます(笑)。
ママきち | URL | 2007/07/10/Tue 10:41 [EDIT]
可愛らしくって心温まるお話ですね(*^_^*)
こういう気持ちを子ども達も大人達も持ていると、きっといい社会になるのにね
我が家はこの本を独占欲の強い3号に読んであげたいな!!
oma | URL | 2007/07/10/Tue 23:20 [EDIT]
omaさん
omaさん、おはようございま~す*
独占欲だなんて(笑)!
3号くんは、『ボクのもの!』というガッツがないとお兄ちゃん・お姉ちゃん、そしてomaさんに負けちゃうんですよ~。
自分だけで楽しむ・・・なんていう思いよりも、このお話のようにみんなで分け合って・・・という相手を思いやる気持ち、大切ですよね。
いつでも心に余裕を持って、相手を思いやる気持ちを・・・。私にとっても永遠の課題です(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/07/11/Wed 09:48 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.