FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
しゅくだい・・・


しゅくだい
宗正 美子 原案  いもと ようこ 文・絵
岩崎書店


小学生になると子どもたちの頭を悩ませるものが現れます。
そう、それが宿題。幼稚園児のとんきちにとって宿題は、『なにそれ?』なもの。
でも、こんな宿題だったら、幼稚園の子どもたちでもがんばっちゃいますよね。

めえこ先生がみんなに出した宿題、それは『だっこ』。
そう、おうちの人に抱っこしてもらうことが今日の宿題なんです。
それを聞いてみんな『やだ~』『え~』なんていって、ちょっと恥ずかしそうにしていましたが、やっぱりちょっと嬉しいのが本音。
もちろん、もぐらのもぐくんもそんな宿題が嬉しくて急いでお家に帰ります。
『ただいまー』と元気よく帰ったもぐくんですが、『しずかに!』のお母さんの声。そう、もぐくんの家には赤ちゃんがいるんです。その赤ちゃんが寝たばかりで、もぐくんは宿題の話をすることができなくなってしまいました。
赤ちゃんが生まれてから大忙しのお母さん。赤ちゃんのことばっかりでもぐくんのことをかまってくれなくなりました。
そのあとも何度か宿題の話をしようとするのですが、そのたびにお母さんに話をそらされてしまいます。今日の宿題はお母さんと一緒じゃないとできないのに、肝心のお母さんがこの調子じゃ・・・。
赤ちゃんが生まれて寂しい気持ちでいっぱいのもぐくんは、めえこ先生が出してくれた素敵な宿題をすることができるのかな。

これまた、とんきちともぐくん、似た境遇のふたり。
そして、お話しながら何度も胸が痛んだ私。思い当たるところが多すぎて、とんきちの目が見られなくなってしまうほど・・・(苦笑)。
抱っこやおんぶって赤ちゃんだけのものと思われがちですが、少し大きくなったお兄ちゃん・お姉ちゃんに『おいで!』なんて腕を広げて誘ってみるととってもとっても喜びますよね。
最近は少しずつ意識して、のんたんに『おいで~』をしたあとは、とんきちにも『おいで~』をする私。本当は重いし、暑いし、苦しいのですが、お返しにニッコリ最高の笑顔をむけてくれるので我慢です(笑)。
下の子のんたんは放っておいても強く、たくましく(!)なるのだから、もう少しお兄ちゃんとんきちに目を向けなければ!と私への教訓となるお話。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


\(@^〇^@)/☆こんばんわぁ
姫が年中の時に抱っこの宿題が出た事がありました。
その時も先生がこの本を読んでくれたそうです。
私にとっても思い出のある本です。
hiroko | URL | 2007/07/19/Thu 21:21 [EDIT]
そうそう、うちもまさに一緒ですよ。
5歳のユメくんも本当はまだまだ甘えたい盛りのはず。
私もイオくんばかり甘えさせないように、ユメくんにも気を使いながら毎日過ごしてます。
子供は言葉に出さなくても、何かサインを送ってくるものですもんね。
ママきちさんは職業柄、とてもそんなことに敏感に反応できそうでうらやましいな~。
ユカチャン | URL | 2007/07/19/Thu 22:12 [EDIT]
hirokoさん
hirokoさん、こんばんは~☆
うわ~、素敵な先生ですね♪
姫ちゃまも、姫ちゃまのクラスのお友だちも恥ずかしながらも喜んで宿題がんばったんでしょうね(笑)。
親子で思い出に残る絵本、たくさんあるわけではないのでしょうから、大切に覚えていたいですよね。
ママきち | URL | 2007/07/19/Thu 22:12 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんばんは~☆
なんだかリアルタイムでコメントをいただいているみたいで嬉しくなっちゃいました(笑)!

職業柄・・・。いいえ、頭で分かっていてもなかなか思うようには行動できていないのが本音です。とんきちも寂しい思いでいっぱいだと思います・・・というか、間違いなく寂しい思いを抱えています(苦笑)。
どうしても小さいほうにばかり手がかかってしまうんですよね。その上、何かあったときに守らないといけないからしわ寄せはやっぱり上に・・・。
母は平等に!ですね(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/07/19/Thu 22:22 [EDIT]
いいお話ですよね!
この絵本は3号が1年のときに、担任の先生が授業参観のときに子ども達に読み聞かせてくれて、3号のその日の宿題は、やはり「だっこ」でした(*^_^*)
そのときに「お母さんだけじゃなくって、お父さんやお兄ちゃん達にも抱っこしてもらう?」って言ったら、「これはお母さんじゃないとダメなんだよ」と言ってその日はべったりだったことを思い出しました(*^^)
初めての小学生活で子ども達も不安と期待でいっぱいだったときでもあったので、先生の子ども達への配慮も感じられて嬉しく思いました!
oma | URL | 2007/07/20/Fri 00:35 [EDIT]
どっきり!昨晩の我が家の状況のようです…。
しゃぎり(お祭りの練習)から帰ってきた時、ちょうど寝かせ付けをしていたんですよね…。元気よく「ただいま!」って言っただけなのに(^^;)Minatoが起きちゃって。私に「静かにしてよ」って叱られちゃったRico。
う~ん、イカン、イカン。私も読んでみなくちゃ、「しゅくだい」ですね。
slo-mo | URL | 2007/07/20/Fri 20:19 [EDIT]
KOKOさん
KOKOさん、こんにちは~*
イヤイヤ、やっぱりどこのおウチでもついついやってしまうひとコマですよね。
私も今まで幾度となく、とんきちに『シ~! 今は静かにしててよ!』なんて突き放したことばをたくさん浴びせてきましたもの。
お話をしている私はドキッとして申し訳ない思いだったのですが、とんきちはどうだったのかな~。『ぼくといっしょだ・・・』なんてもぐちゃんに同情していたりして(苦笑)。
ぜひ一度手にとって見てくださいね。いもとようこさんのイラストがポイントです(笑)。
ママきち | URL | 2007/07/21/Sat 12:03 [EDIT]
omaさん
omaさん、こんにちは~*
すいませ~ん! 順番が前後してしまいました。
このお話を使って抱っこを宿題に・・・というお話が多くてビックリです!
やっぱり、親になると誰でもドキッとするお話なんですよね。先生たちも少し親から離れてみたいな~、でもまだまだ不安がいっぱい!なんていう時期の子どもには甘えることも大切!なんていう思いでいたんでしょうね。
みんなに抱っこしてもらったら・・・ということばに『お母さん』限定な3号くん。かわいいですね~。宿題にかこつけて甘えちゃえ!なんていう子ども心、いいよ、いいよ~といくらでもギュッとしたくなっちゃいますね。
ママきち | URL | 2007/07/21/Sat 12:08 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.