FC2ブログ
おやすみなさいの扉
子どもと過ごす仕事を経てママとなった今、4歳違いの兄妹との何気ない毎日、親子で出会った絵本の紹介をします。   おやすみなさいの扉をノックしてステキな夢の世界へ出かけましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめての・・・
とんきちの保育参観・懇談があり、朝から幼稚園にお出かけ。

今回の参観では、運動会で使う小道具を作る『親子製作』ということで、のんたんは託児をお願いすることに・・・。

園の母親学級などで、今までも託児を利用することはできたのですが、嫌がるのをムリに預けてまで参加しなくてもいいか~なんて思っていた私。
でも、今回はそうはいかず、のんたんも私のいないところで過ごす時間の楽しさを味わってくれれば・・・という期待と、初めての人にも泣いて蹴りを入れたりしちゃうのかも・・・という不安を胸に託児を決定。

預けるときには全身をこわばらせていたのんたん。
先にお部屋に入っていた1、2歳のお友だちは半数以上が涙涙で、お部屋の中はそれはもう賑やかなもの。
ただならぬ異常な空気を察したのんたんはいつも以上に私にしがみついたのですが、鬼のような母(もちろん、ワタシ・・・笑)は普段通りの笑みを浮かべて素知らぬ顔で保育士さんにのんたんをお願いしました(笑)。
と同時に、耳慣れた太く強い声が聞こえてきたのですが、『おねがいしま~す』と爽やかに去っていきました。

本音はちょっと振り返って、どんな顔をして泣いているのか、どんな身のよじらせ方をしているのか、とってもとっても気になったのですが、振り返ったら最後、かなりの迷惑をかけてしまうので、一目散に(!)とんきちの待つ保育室へ・・・。

久しぶりにのんたんナシでとんきちと向き合った一時間弱。
何も気にすることなく、いわれたことだけに集中できるってとっても気持ちがいいことなんだ~なんて、つかの間のマイペースを楽しめました。
とんきちとも、『待って!』『あとでね・・・』のことばなしで話ができたし、落ち着いた時間にひとりニンマリでした。

無事、参観・懇談を終わらせて、とんきちとふたり、のんたんのことをお迎えに行くと、心配していたような姿ではなく、ひとりの保育士さんを独占してなにやら楽しそうにお話しているのんたんの姿。
私の姿を見ると、そんな微笑ましい姿が一転して必死の形相でこちらに向かってきたんですけれども・・・(笑)。
久しぶりに見るのんたんの顔、ん?! 顔中が白い・・・。
そう、激しく泣いたために、目の周りには涙のあと、口の周りにはよだれと鼻水のあとが・・・(笑)。
『おやつを食べるまでは泣いていましたけれども、それからは大丈夫でした』とお話しする保育士さんの笑顔、なんだかちょっと引きつり気味・・・(苦笑)。
きっと、それはそれは激しく泣いたんだろうな。そして、お菓子を見るなり、『おうっおうっ』って、アシカちゃんのようになったんだろうな~。

何はともあれ、これで、のんたんを預けておひとりさまが楽しめる!ということが分かったわけで・・・。
でもね、疲れ果てたのんたん、帰宅途中に爆睡。グッスリお昼寝・・・と思いきや、1時間で激号泣!でお目覚め。
パパきちが帰ってくるまで、いや、正しくは夜、眠るまで私にベッタリでした。
口にはださないけれども、全身で『もういやだ~! はなれない!!』を表現してくれました(苦笑)。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


そうですか~(^^:)
昨日はのんたん、とても疲れた一日だったんですね。
でも、徐々にママと離れて別の場所で遊んだりすることも覚えなきゃいけませんもんね。
とんきちくんはママを独占できたし、園でのたくましい姿も披露できて楽しかったでしょうね~。
子供って全身で抵抗してどこからそんな力が出てくるの?って聞きたいときありますよね。
イオくんもたまにそんなことあります。
それに、こんなに私のことを必要としてくれているなんて思うと、ぎゅ~ってしたくなりますよね。
でも、お菓子にはさすがののんたんも勝てなかったなんて、笑えちゃいます(^^)
ユカチャン | URL | 2007/09/13/Thu 21:46 [EDIT]
のんたん頑張ったね~♪
突然、ママとの仲を引き裂かれたのんたん。
きっと激しく泣いたんでしょうね。
そして、その泣き声に後ろ髪を引かれながら、去っていかなければならないママきちさん。
でも、本当は泣いてても、サッサと退散した方が、子供のためでもあり、保育士さんのためでもあると思ってます。(だって、預けなければならないんですものね)
私も、岳チンの保育園の最初はそうでした。
慣らし保育の時なんか、9時に預けて11時にお迎えに行った時、しゃくってたので、かなり泣いたんだなぁって思ったりして。
それでもサッサと置いて行く私を鬼と思ったかどうかは・・・(笑)
でも、とんきち君の成長をしっかりと見られて、とんきち君も大満足だったのでは?
兄になってしまった今、ママに甘えたいけど、いっぱいお話したいけど、小さい可愛いのんたんのために、我慢してることもたくさんあるでしょうに。
でも、この時ばかりは大好きなママを独り占めできたんですものね。
こんなときもないと、とんきち君ともゆったり過ごせないですものね。
よかったね、とんきち君。
そして、頑張ったね、のんたん。
nyannori | URL | 2007/09/13/Thu 22:37 [EDIT]
ユカチャンさん
ユカチャンさん、こんばんは~☆
のんたんにとっては初めての体験、楽しい思いよりも驚きと悲しみのほうが大きかったかもしれませんが、こうして少しずつ目を外に向けていくことも大切ですものね。
『のんたんがいるから・・・』『のんたんがいなかったら・・・』なんてことを一切口にしないとんきち。
きっと、胸のうちではもう少しぼくのほうを見てよ~!なんて思うときがあるんでしょうね。
今回はのんたんナシの時間がなんだか不思議な時間で、親子でちょっと『あれ?!』な感じがあったかも(笑)。
そしてのんたん、間違いなく『色気より食い気』『花より団子』な女の子になるんだろうな~。
ママきち | URL | 2007/09/13/Thu 23:39 [EDIT]
nyannoriさん
nyannoriさん、こんばんは~☆
そうなんですよね~。
本当は、陰に潜んで、のんたんの泣き狂う姿を見ていたかったのですが、そんなことをしてしまうと、のんたんだけでなく、保育士さんにかなりの迷惑がかかっちゃうので・・・。
岳チン、始めは保育所という世界が辛くて辛くてたまらなかったんでしょうね。
お母さんが迎えに来てくれるまでの間、ちょっとでも気を緩めるとこぼれてきちゃう涙。一生懸命グッとこらえていたんだろうな。
本当なら、そんなときにすぐに舞い戻って、『ごめんね~』ができたらいいのでしょうが、そうばかりもいってられないし・・・。
なんて、普段の生活に戻ると、『ちょっと離れて~!』とおひとり様になりたくて仕方がないのにね(笑)。
とんきち、あまり泣き言をいわないんです。のんたんに対しても、『のんたんが生まれて嬉しい♪』な気持ちのほうが強いみたいで、なかなか『もっとかまって!』のサインを出さないタイプ。
きっと、久しぶりのおひとり様時間を堪能したのは、私よりもとんきちだったんだろうな。
『大好きなママ』と呼ばれるよう、これからも平等に愛していかなければ(笑)!
ママきち | URL | 2007/09/14/Fri 00:03 [EDIT]
お疲れ様でした(*^_^*)
のんたんは大変だったようだけど、とんきちくんといい時間を過ごせてよかったですよね!
下の子がいると上の子が我慢しがちだけど、こういう時間を作れるって言うのはいいものですよね(^_^)
のんたんもお菓子になびいちゃうなんて… さすが~(笑)
oma | URL | 2007/09/14/Fri 01:19 [EDIT]
omaさん
omaさん、おはようございま~す*
ふふふ・・・、お疲れだったのはのんたんひとりで、私ととんきちはいつもと違ったゆったりとした時間が過ごせちゃいました(笑)。
omaさんのところは3人のお子さんがいるから、上の子の葛藤もいろいろだったんでしょうね。
あっ、でも3号くんはひとり年が離れているので、おにいちゃん・おねえちゃんはちょっとパパママの心境だったかな?
またこんな機会があればぜひお願いして、もう少しとんきちと向き合わなければ!という思いにさせてくれた今回の託児。
のんたんお気に入りのお菓子は余分めに用意しておくのがお約束ですが・・・(苦笑)。
ママきち | URL | 2007/09/14/Fri 09:10 [EDIT]
のんたん初めての託児体験だったんですね。
家のチビ怪獣が意外とダメですね。
頼んでいても最近では舞い戻ってきます。
仕方なく結局一緒に居る事になってしまいます。
意外と知らない場所・人はダメみたいです。
幼稚園入園がちょっと心配です。
hiro | URL | 2007/09/14/Fri 11:57 [EDIT]
ママきちさん、こんにちは!
ママから離れての初めての時間。のんたんにしたら、それはそれは長い時間だったんでしょうね(笑)
私も上の子の時に一度託児所に預けたことがあって、その時とあまりにも同じなので、状況よーくわかりますi-179
お迎えにいった私まで涙ぐんじゃった・・・なんておまけもありましたけど!
piroko | URL | 2007/09/14/Fri 12:33 [EDIT]
hiroさん
hiroさん、なんだかちび怪獣ちゃまの意外な一面って感じです。
姫ちゃまはもちろん、たくさんのお兄ちゃん・お姉ちゃんたちと一緒に遊んでいるので、すぐに打ち解けて・・・かと思っていました。
預けても、舞い戻ってきちゃうのもちょっぴり拍子抜けする気がしますが、もう少ししたら手を離れていってしまうし、今だけの間、ママ独占・息子独占もいいかもね(笑)。
ママきち | URL | 2007/09/14/Fri 23:38 [EDIT]
pirokoさん
pirokoさん、こんばんは~*
本当に、約2時間の間、のんたんはどんな思いで過ごしていたんでしょうね。
泣くことをあきらめて、イヤ、お菓子に釣られて母のことを忘れてからの楽しいひと時の姿をのぞき見たかったな~というのが私の本音(笑)。
初めての託児、お迎えは感動的に親子で涙の再開・・・なんていうのもいいのですが、私たちにはそんな素敵な時間は訪れませんでした。
ただ、『おうっ、おうっ』と私のほうへ一生懸命手を伸ばすのんたんを見て笑ってしまっただけ・・・。
感動的に『ただいま~』ってやればよかったかな~(笑)。
ママきち | URL | 2007/09/14/Fri 23:41 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © おやすみなさいの扉. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。